体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対にまた来たい!絶品卵かけご飯と、匠の技が光る和食を味わえる名店

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

大門駅から徒歩1分。9店舗という拘りのダイニングが集まった瀟洒なグルメビルの8Fにある「島の恵みと喰らえ 匠」へ伺いました。

NPO法人・淡路島活性化推進委員会の理事も務める会社の経営と言う事でおのずとテンションがあがります!

■あわせて読みたい
「ご飯のお供」人気ランキング発表!気になる第1位は?
http://tabizine.jp/2015/05/18/36750/

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

カウンターには拘りの産直野菜が並べられていました。好きな調理法で作って下さるとの事。コレも楽しみ!!

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

奥の窓際の席もとてもステキで落ち着けるのですがこの日はあえてカウンター席で。

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

香り高い白木のカウンターが心地よい空間です。板前さんは2人。よろしくお願いいたします! とお互いに挨拶。

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

新鮮な鯵のお造りを手際よくさばいていく技! あ~ん、なんて贅沢な席に座っちゃったのかしら。

メニューもさすがゴージャス感たっぷりです。

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

まさに旬の島の恵みを生かした拘りのメニューが色々揃っていますね。

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

まずはヱビスで乾杯。お料理ですが今回は初来店と言う事もあり、おまかせのコースでお願いしました(これが大正解!)。

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

椀 フルーツトマトの薄葛仕立て
小鉢 ひすい豆腐
前菜 モロコシのお浸し
稚鮎の薄衣揚げ
穴子(鯛皮)煮凍り

もう~!! どれも手の込んだ最上の美味しさ。ホロッととろける煮凍りと揚げたての上品すぎる稚鮎。トマトはなんと温かなお椀です。崩しながらスープのようにして頂くんですって。大好きな翡翠豆腐は青豆の香りがスッと溶け込んでいて口いっぱいに広がる美味しさがたまりません。

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

お造り 本鮪中トロ 鯛 金目

絶対にまた来たい!匠の技と、島の恵みを存分に味わえる名店

もう説明は要らないでしょうか・・・大根の桂剥きの中にちょこんと上品に収まったお刺身たち。お箸でつまむと新鮮な魚ならではの弾力が伝わります。適度な量も嬉しい。いや~この年になると中トロも結構キツいのよ。でもこんなに品のある脂の中トロならもうちょっとイケたかも!?

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。