体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異色のうどん店、下高井戸「JAZZ KEIRIN」は全国の競輪ファンが訪れる聖地だった

f:id:Meshi2_Writer:20160511152137j:plain

都内、京王線の高井戸駅徒歩2分の場所にある「JAZZ KEIRIN」は、都内でも珍しい「創作うどん」を出すお店だ。そして国内で他にないジャズ、競輪をテーマにしたお店である。

極めたのは、ここでしかない質と個性

店長の栂野(とがの)さんの好物である「ジャズ」「競輪」「うどん」を組み合わせたこのユニークな“3点盛り”のお店は、2003年の4月に開店して今年で丸13年。

うどん店を始める以前は海外放浪をしたあとに、タワシの輸入業で成功をしたという特殊な経歴の持ち主だ。

f:id:Meshi2_Writer:20160511152210j:plain

タワシ屋さんに続いて、うどん店も成功した独立心のある栂野さん。そんな栂野さんに、お店の成り立ちから経営哲学についてを前衛的なジャズが流れる店内で、うどんをすすりながらご教授いただいた(ちなみに、ご本人は写真NGとのこと)。

f:id:Meshi2_Writer:20160511152238j:plain

まずはお店の成り立ちを教えていただけますか?

元々やっていたタワシの輸入業が成功して、ある程度お金があってマイナスになる恐怖がなかったんです。開業のために借金をするのなら、もう少し商売になるものにしていたと思う。ダメだったらダメで、たとえ持ち金ゼロになってもこれまで培った貿易の実務でやり直せばいいわけだし。もうやりたいようにやろうと。テレビで競輪流して、好きなジャズ流して、メニューも競輪の色で9色揃えてやりたいようにやっちゃったら、なんとなくなんとかなったんです。(以下、すべて栂野さん)

f:id:Meshi2_Writer:20160511152321j:plain

メニューは競輪の枠の色から取った9色の創作うどんが中心。店主が考案した独自の味付けのうどんは、グルメ雑誌で評価されるほどの逸品で、麺は茹でたて、揚げ物は揚げたてが基本だ。

ちょうど僕が開店した後にうどんをテーマにした映画が公開されて、さぬきうどんブームが始まったんです。たぶん開店した13年前はド素人で、たいしてうまいものは作れていなかったので、もしブームがなかったら飛んじゃってたかもしれない。ただ当初は映画で出てきた釜玉を食いたいお客さんがやたらめったら来ちゃってね。今はそういういかにも讃岐うどんっぽいメニューはやめちゃいました。

そうおっしゃいますが、麺は本場の讃岐うどん並みにコシがありますよね。

いわゆる本流の讃岐うどんの茹で方だと、芯が残った状態、つまり茹であがる1分から1分半前のアルデンテ状態で釜からあげるわけ。だから比較的出てくるのも早い。ただ、ウチは注文受けてから茹で始めて、ほぼ芯まで茹であがった状態を一気に冷水でシメるから、13分くらいお待たせすることになっちゃうんだよね。だからオープン当初、急いでそうなお客さんには「13分くらいかかっちゃいますけど」って最初に言うようにしてたんですよ。まぁ帰る人も続出してましたけどね、最初は。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。