ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作詞家の仕事は「楽曲に言葉をのせていくこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの平日21時50分からの番組「School TV DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。今週は今井美樹さんの「PIECE OF MY WISH」、ももクロの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」など、数々のヒットを生んだ作詞家、岩里祐穂さんをお迎えしてお送りしています。

そもそも、作詞家とはどのようなお仕事なのでしょう。岩里さんによると「J-POPやJ-ROCKなどの楽曲に、言葉をのせていく仕事」とのことでした。この道35年の岩里祐穂さんは、たくさんの作品を手がけてらっしゃいます。

今井美樹さんの「PIECE OF MY WISH」「Miss You」、坂本真綾さんの「プラチナ」、ももいろクローバーZの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」、昨年、ももクロがKISSとコラボした「夢の浮世に咲いてみな」、アニメ関連作品では「創聖のアクエリオン」なども岩里さんが作詞されました。

まさにジャンルを超えた活躍ぶりですが、仕事は何からはじめることになるのでしょう。岩里さんによると、まずはレコード会社のディレクターや事務所の方から連絡があるそうです。時にはアーティスト本人から連絡があることもあるとか。連絡方法はメールや電話などさまざまで、その後、打ち合わせが行われるそうです。

「打ち合わせまでに、まずは曲を送ってもらいます。ドラマなどで使われる曲の場合は、資料を送ってもらいます。曲を聴いた上で話します。会って話す時や、電話で話すこともあります。メールだけのやりとりの時もあります。

テーマをつかむことが大事です。アーティストのどの部分を活かせばいいのか、お話をしているうちにあぶり出されてきます。実際にお話することは大事です。疑問点があればその場で話します」

また、日頃から面白いワードがあればメモしたり、スマートフォンに入力しておいたり、いつも準備をしているとも。映画を観て考えるのも、準備の一つのようです。

「話の順序をどうすればいいのか、“盛り上げる”というのはどういうことか…といったことを常に考えています。そこに仕事が舞い込んで、テーマの内容を言われた時に“あの引き出しに入っていた”と思うわけです。与えられた主題があって、そこに自分の札を出していくという感じです」

6月28日(火)のオンエアは、岩里さんの少女時代に夢を決定づけた、あるアーティストとの出会いのお話です。オンエアは21時50分からです。お楽しみに♪

【関連サイト】
「School TV DREAM TRAIN」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/

スガ シカオ「kokuaでの作詞は合気道」メンバーの思いを代弁(2016年06月14日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/kkua.html

Ms.OOJA 歌詞はファンの相談から作る?(2016年05月15日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/msooja.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP