ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海の向こうのDIY事情。「水道管でデスクをつくる」、なんて朝メシ前な女の子たち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。

アメリカのティーンが、いとも簡単にスタンディングデスクを作り上げていくこの動画、あまりの手際の良さに、ちょっとした憧れすら覚えてしまうかも。

総工費18,000円、
作業時間3時間だって?

リメイクが中心の日本のDIYには、そうそう登場しないような工具の使い方もなんのその。JessieとElleの二人組の軽やかな手さばきで、みるみるうちに仕上がっていきます。
海の向こうのDIY事情。「水道管でデスクをつくる」、なんて朝メシ前な女の子たち
海の向こうのDIY事情。「水道管でデスクをつくる」、なんて朝メシ前な女の子たち
海の向こうのDIY事情。「水道管でデスクをつくる」、なんて朝メシ前な女の子たち
海の向こうのDIY事情。「水道管でデスクをつくる」、なんて朝メシ前な女の子たち

結構厚みのある木材も、サーキュラーソーやサンダーを使って手際よくカットし、ガスや水道などに使われる鉛菅をつなぎ合わせて足を組み上げ、ハイできあがり。

作業にかかった時間はわずかに3時間。これをちゃっちゃか、早送りされる動画のなかで彼女たち、手こずった様子ひとつ見せないのだから。これが本場の“DIY女子”の実力ってやつ!?

自分で作れるかも…
この発想が出せる?

海の向こうのDIY事情。「水道管でデスクをつくる」、なんて朝メシ前な女の子たち

国土交通省が建築白書のなかで試算した調べによると、アメリカの家のライフサイクルは平均して44年、イギリスにいたっては75年。ところが日本の家はというと、わずかに26年なんてデータがあります。

寿命の長い家を自分たちで補修しながら大切に使う。そんなことが小さい頃から当たり前に浸透しているからこそ、言葉だけでなく「なんでも自分で」が自然と備わっているのかもしれませんね。

必要なモノを「買おう」よりも先に、まずは「作れるかな?」、この発想に行き着くかどうか……道のりは決して険しくはない!と思いたい。

Licensed material used with permission by Home Made Modern

関連記事リンク(外部サイト)

小さなおうちに大きな夢。物欲そそる「アーチ型」のタイニーハウス
けずって、みがいて、つくるカトラリー。DIYは「ひとてま」を楽しむ時間

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。