ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尾崎世界観 自分の過去についての質問は「小説を読んで」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの月曜−木曜深夜1時からの番組「SPARK」。月曜担当のナビゲーターはクリープハイプの尾崎世界観。6月27日のオンエアでは、先日別のラジオ番組に出演した後に、パーソナリティーの方に「尾崎くんって話ヘタだけど、気持ちは伝わるよね」と言われ「あ、俺話ヘタなんだ」と思って落ち込んだ話からスタートしました。「ヘタなんだなあ、俺はな…」と、へこんでいる様子でした。

リスナーから届いた「最近何してる?」とだけ書かれたメールを紹介した尾崎。答えるために「最近はドレスコーズの志磨さんと対談をして…」と最近あったことを話しはじめました。

対談が終わった後に食事をして、喫茶店でコーヒーを飲んだそうですが、「注文をする時に背中にネズミみたいな…ネコに引っ掻かれたというかネズミが通ったような感覚があって…怖いなと思っていたんですよ」と、独特の表現でその時に感じた恐怖を表現する尾崎。

「なんだろうなあと思って、後ろは壁だったので。動けなくなるくらいびっくりして…恐る恐る振り返ったら、壁が小窓みたいになっていて、そこの窓から安藤サクラさんがのぞいていたんです」と、話は思いもよらぬ展開に!

安藤サクラさんと言えばクリープハイプの「本当」のミュージックビデオに出演していますが、偶然尾崎と同じ喫茶店にいたのだとか。

なぜ、尾崎が安藤さんの視線をネズミやネコと感じたのかは謎ですが(笑)、久し振りに会ったという安藤さんについて「売れっ子のオーラがすごく出ましたね」と続けていました。

また、ドレスコーズの志磨さんについても「志磨さんはおばあちゃんみたいなんで。孫になった気分になれますね」と、こちらも独特の喩えをしていました。

そして、6月30日(木)に半自伝的な内容となっている小説『祐介』が刊行される尾崎。番組内でリスナーから「バイトをしていた時どうでしたか」「バイトをしながら夢を追っていましたか」などの質問メールも届いていましたが、「全部そのことは小説に書いてあるのでぜひ読んでみてください」と答えていました(笑)。

尾崎の本名でもある「祐介」がタイトルになっているこの小説、皆さんも手にとってみてくださいね♪

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

落語の会場で尾崎世界観がみせた“ささやかな抵抗”(2016年06月07日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1719.html

尾崎世界観 長野の御柱祭に参加して「夏フェスと変わらないな」(2016年04月12日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1369.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP