体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

演劇フリーク伝授!ブロードウェイでミュージカルを安く見る方法

生活・趣味

ニューヨークを訪れたからには、ブロードウェイでミュージカルを観てみたい! という人は多いのではないでしょうか。でも言語が異なる、海外でのチケット手配は、慣れていないとちょっとハードルが高かったりするものです。そこで、いかに効率的にリーズナブルにチケットを購入するか、定期的にニューヨークに観劇に通う演劇フリークにリサーチしました。

■あわせて読みたい
【期間限定】NYのミュージカル&ブロードウェイが半額に!
【NY夏の無料イベント】野外ステージで楽しむブロードウェイ・ミュージカル

基本となるのは、劇場窓口でのチケット購入

演劇フリーク伝授!ブロードウェイでミュージカルを安く見る方法
(C) NYC & Company/Joe Buglewicz

いちばん基本的な方法は、現地に到着後、作品が上演される劇場の窓口で直接購入すること。手数料がかからないのが魅力です。ただし、人気の作品はニューヨークに着いてからの手配では売り切れてしまっている場合も。「どうしても観たい!」という演目がある場合は、ウェブ上での事前の購入がベター。日本から各作品のオフィシャルウェブサイトを通して、ウェブ上でチケットを手配しておきましょう。

サイトはもちろん英語になりますが、日付の選択、クレジットカード番号の入力など、それほど難しいことは聞かれません。受け取り方法は演目によっても異なりますが、各劇場のチケット売り場での引き換えか、自分でプリントアウトしたものを持参する方法が選択できるのが一般的です。ただし、窓口での直接購入と異なり、1枚につき数ドルから10ドル程度の手数料がかかります。

TKTS(チケッツ)で当日割引チケットを購入

演劇フリーク伝授!ブロードウェイでミュージカルを安く見る方法
(C) NYC & Company/Joe Buglewicz

「演目にこだわりはないからとにかく安く観たい!」という人には、「TKTS」の利用がおすすめ。様々なガイドブックや旅行系のサイトにも掲載されているのでご存知の方も多いと思いますが、ニューヨークでは当日になってもチケットが売れ残っている場合、TKTSというチケットブースで割引チケットを販売します。割引率はその日のチケットの売れ残り状況によっても違ってくるのですが、定価の30~50%。これに数ドルの手数料をプラスした額が購入価格となります。

どの作品のどの程度のチケットが売り出されるかは当日までわかりませんが、事前にTKTSの公式HPや公式アプリをみて、販売される演目の傾向をつかんでおくといいでしょう。TKTSの窓口はニューヨークに3か所ありますが、劇場街に隣接するタイムズスクエアの窓口は、毎日、オープン直後には長い列ができ、かなりの待ち時間が生じます。その半面、開演直前など誰も並んでいない時間帯も。観光のスケジュールに合わせ、上手に利用しましょう。

演劇サイトやアプリの割引クーポンを利用する

演劇フリーク伝授!ブロードウェイでミュージカルを安く見る方法
(C) NYC & Company/Julienne Schaer

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会