ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャリア16年を誇るP!NKの代表曲11曲を厳選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 離婚騒動に揺れるジョニー・デップ主演の映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が、いよいよ今週末7月1日から公開される。その映画の主題歌を担当した、ピンク(P!NK)の「ジャスト・ライク・ファイア」が、米ビルボード・ソング・チャートでTOP10入りし、大ヒット中。映画の公開と、ピンク通算15曲目のTOP10入りを記念して、キャリア16年のヒット曲の中から、代表曲に相応しい11曲を厳選してお送りする。

「There You Go」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位7位 / 2000年間チャート16位)
 デビュー曲にして初のTOP10入りを果たした、ピンクのブレイク曲。当時、TLCの「ノー・スクラブ」等を大ヒットに導いた、シェイクスピアがプロデュースを担当し、独特のリズムビートが印象的なR&Bトラックに仕上がっている。当初は名前の通り、ピンク色のヘアをしていたことも、リスナーにインパクトを与えた。1stアルバム『Can’t Take Me Home』収録。

「Most Girls」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位4位 / 2000年間チャート52位)
 デビュー曲「There You Go」に続き、2曲連続のTOP10入りを果たし、“1発屋”のジンクスを払拭した。バウンスの効いたフロア向けのR&Bトラックで、所属レーベルの核、ベイビーフェイスがプロデュースを担当している。ロックのイメージが強いピンクだが、デビュー当初はブラック・ミュージックが主流だったのだ。1stアルバム『Can’t Take Me Home』収録。

「Lady Marmalade」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位1位 / 2001年間チャート24位)
 映画『ムーランルージュ』の主題歌として、マイヤ、クリスティーナ・アギレラ、リル・キムの4人で結成された、コラボ・シングル。この曲で、自身初の全米No.1を獲得し、世界的に知名度を高めた。1974年に発売された、R&Bトリオ、ラベルの同タイトルのカバー曲で、彼女たちも当時、この曲で全米首位をマークした。サウンドトラック盤『ムーランルージュ』収録。

「Get the Party Started」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位4位 / 2002年間チャート24位)
 R&Bシンガーからポップ・シンガーへ、イメージを一転させたピンクの代表曲。ランキング云々でなければ、この曲がピンクのキャリアで最も知名度が高く、今でもCMや映画などに起用されている。プロデューサーのリンダ・ペリーは、グウェン・ステファニーやアリシア・キーズのヒット曲も担当している。2ndアルバム『Missundaztood』収録。

「Don’t Let Me Get Me」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位8位 / 2002年間チャート36位)
 ハードなイメージがピンクの売り文句だったが、この曲でソフトな一面もみせ、女性を中心に指示を集め、ロングヒットに至る。以降、メッセージ性の強いナンバーもヒットさせるようになり、この曲はそのキッカケとなった1曲ともいえる。高音が続かないのも、聴いていて心地よい。2ndアルバム『Missundaztood』収録。

「So What」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位1位 / 2008年間チャート24位)
 3rd、4thアルバムでやや低迷仕掛けたピンクだが、5thアルバムからの先行シングルであるこの曲で、ア―ティスト単体としては初の首位獲得となり、見事な復活劇を遂げた。プロデューサーはおなじみ、マックス・マーティン。「ナナナ~」が耳から離れない、中毒性のある王道のポップ・チューン。ヒットも納得だ。5thアルバム『Funhouse』収録。

「Raise Your Glass」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位1位 / 2008年間チャート24位)
 デビュー10周年を記念したベスト盤からの新曲で、「So What」に続き、マックス・マーティンが手掛けたナンバー。自身3曲目の首位獲得を果たし、この2曲のNo.1獲得により、ピンクは“ダンス・ロックの女王”という地位を築く。落ち込んだ気分も吹き飛ぶこの元気ソングは、日本でも大人気の1曲。ベストアルバム『Greatest Hits… So Far!!!』収録。

「Fuckin’ Perfect」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位2位 / 2010年間チャート19位)
 ベスト盤からの新曲が、2曲連続でTOP3入りを果たすというのは、ソング・チャートでは極めて異例。「Raise Your Glass」とは対照的に、こちらは歌詞の世界観が大ウケした“泣かせのメロウ”で、自暴自棄になる誰かへの応援ソングになっている。ベストアルバム『Greatest Hits… So Far!!!』収録。

「Blow Me (One Last Kiss)」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位5位 / 20121年間チャート37位)
 エリー・ゴールディングやラナ・デル・レイといった、今をトキメく人気シンガーを手掛けるグレッグ・カースティンをプロデューサーに迎えた、ピンク王道のダンス・ロック・チューン。オーストラリアやスコットランドでは首位をマークし、ヨーロッパ方面でも大ウケした。6thアルバム『The Truth About Love』収録。

「Just Give Me a Reason」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位1位 / 2013年間チャート7位)
 アメリカのみならず、世界の主要各国でNo.1をマークした、ピンク最大のヒット曲。前年(2012年)、「We Are Young」で大ブレイクを果たした、ファン.のメンバーであるネイト・ルイスとのデュエット曲で、2人の掛け合いが見事にマッチしたビデオは、5億回の再生回数を記録している。6thアルバム『The Truth About Love』収録。

「Just Like Fire」
(米ビルボード・ソング・チャート最高位10位)
 2016年7月1日(金)に公開される映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の主題歌としてリリースされ、登場8週目でTOP10入りを果たした、ピンク15曲目のTOP10ヒット。この曲の他に、2002年のTOP10ヒット「Just Like a Pill」、2013年に首位をマークした「Just Give Me a Reason」の2曲が、タイトルに“Just”が付いていて、ピンクにとって3曲目となる“Just”ソングでのTOP10入りとなった。

Text: 本家 一成

◎P!NKの代表曲11曲を厳選
http://bit.ly/28Y83qF

関連記事リンク(外部サイト)

ピンク、続“アリス・イン・ワンダーランド”世界観の新MVに夫と娘をキャスティング
P!NK 映画『アリス・イン・ ワンダーランド/時間の旅』提供の新曲を【2016 Billboard Music Awards】でTV初披露
16歳の少年がP!NKのコンサートに爆弾予告

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP