体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジア圏ミャンマーへ行こう〜ビザ取得は90日前からOK〜

アジア圏ミャンマーへ行こう〜ビザ取得は90日前からOK〜 Photo credit: Misaki Iguchi「21歳!Wild Beauty Girl!世界一周へ! ミャンマー編」

Photo credit: Misaki Iguchi「21歳!Wild Beauty Girl!世界一周へ! ミャンマー編」

こんにちはCompathy MagazineのMari.kです。インド洋に面した大陸国ミャンマーは90%の人が仏教徒で、その影響も有り、ミャンマーは寺院が多く観光地としても発展しています。そんな魅力満載なミャンマーは入国時にビザが必要になります。ビザは自宅のパソコンから取得可能です。今回は電子ビザでミャンマー入国のためのビザ取得してミャンマー旅行に行きましょう。

まずは知っておこう「e-Visa」とは?

e-Visaとはミャンマー入国のためのビザです。また取得してから90日以内有効なビザになります。ミャンマー入国してからの滞在期間は28日間になります。
PhotoCredit: Hychanhan (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

” PhotoCredit: Hychanhan (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

電子ビザ「e-Visa」を使って入国できる空港

ヤゴン国際空港・マンダレー国際空港・ネピドー国際空港になります。

e-Visaの特徴って?

Photo credit: Takeshi「バガン(ビルマ) 中部ビルマ」

Photo credit: Takeshi「バガン(ビルマ) 中部ビルマ」

ビザを取得可能条件と申請時の注意

ミャンマーのビザを取得するには取得可能条件があります。

・渡航目的(入国目的)が観光であること
・入国時にパスポート残存有効期限が6ヶ月以上必要
・入国時にパスポート未使用査証欄が2ページ以上必要
・入国から滞在可能日数は28日間
・ビザ有効期限は発行から90日間
・知人や親族等の自宅での宿泊は不可能です(ミャンマー国籍以外も含む)
・観光ビザでのボランティア活動は禁止されています
・元ミャンマー国籍の方で帰化した場合や、ミャンマー国籍者の配偶者および子供は観光ビザではなく「ソーシャルビザ」を取得してください。

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会