ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

伝説の絵師が続々!日本画専門・山種美術館のコレクションが一挙公開「江戸絵画への視線」開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

東京・広尾にある山種美術館。日本画専門の美術館として有名で、Japaaan読者の中では足を運んだことがある人も多いのではないでしょうか。

開館50周年を迎えた山種美術館が特別展「山種コレクション名品選」を今夏からスタートしますよ。そしてその名品展第1弾が、今回紹介する「江戸絵画への視線―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―」です。
江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―

江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―

本展では浮世絵の祖といわれる岩佐又兵衛(いわさ またべえ)の作品や琳派の祖と言われている俵屋宗達(たわらやそうたつ)など、山種美術館が所蔵する伝説的な絵師たちの作品が勢ぞろいします。

また、伊藤若冲や横山大観、上村松園など現代でも人気の高い絵師たちの名品の数々も公開されるとのこと。山種美術館が所蔵する江戸絵画が一挙に公開されるのは6年ぶりなんだそうです。

特に岩佐又兵衛の「官女観菊図」や椿椿山(つばき ちんざん)の「久能山真景図」は重要文化財に指定されており、この機会にぜひ拝んでおきたい逸品であります。
岸連山 《花鳥図》

岸連山 《花鳥図》

次々と個性豊かな作品が生まれていった江戸時代の日本画。絵師たちの様々な視点、環境、思想から描かれた作品たちを堪能してみてはいかがでしょうか。

※アイキャッチ画像は鈴木其一《四季花鳥図》

江戸絵画への視線―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―

会期: 2016年7月2日(土)~8月21日(日)
会場: 山種美術館
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、7/18は開館、7/19は休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金。
※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
[お得な割引サービス]
きもの・ゆかた割引:会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金となります。※ 複数の割引の併用はできません。
江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―
山種美術館

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

伊藤若冲の展覧会ふたたび!巨匠の超絶技巧をその目で「伊藤若冲 – 京に生きた画家」開催
この季節がやってくる!怖い!恐ろしい!幽霊や化け物が題材の浮世絵が集結「怖い浮世絵」展
山種美術館の特別展「琳派と秋の彩り」の展示作品がモチーフの和菓子が美しい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。