ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビシリーズ『24』の責任者、「キーファー・サザーランドはジャック・バウアーの死を望んだ」と告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

FOXのテレビシリーズ『24』のショーランナー(番組責任者)であるハワード・ゴードンは、ジャック・バウアーの最大の敵は彼自身だったことを明かした。

「(キーファー・)サザーランドはジャック・バウアーを死なせたかったのです。その件について、私たちは何度も話し合いました。彼の代理人や多くの人が彼を説得しようと試みましたが、最終的には、FOX上層部の意向で、ジャック・バウアーを生かすことになりました」(ゴードン)。

2014年、サザーランドはテレビのミニシリーズ『24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ』に出演したが、昨年、このシリーズとの関係について彼は次のように語った。「『24』は私にとって完全に終わりました。このシリーズは、私が俳優としていただいた最大の贈り物のひとつです。でも、これからは私抜きで進むべきです」(サザーランド)。

ゴードンは、2017年に放送予定のスピンオフ版テレビシリーズ『24: Legacy(原題)』では、劇中でバウアーが務めていたCTU役の後継者として、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』のコーリー・ホーキンズが起用されることを明らかにした。バウアーはもはや新シリーズには登場しないが、ゴードンは「彼が戻って来るチャンスはいつでもあります」と語った。

テレビシリーズ『HOMELAND(原題)』の共同クリエーターであり、脚本も務めたゴードンは、自身の仕事に与えたバウアーの影響力について「ジャック・バウアーは長期にわたって出演し、強烈な影を持っています」と語った。

「キャリー・マティソン(『HOMELAND(原題)』でクレア・デインズが演じるキャラクター)は、ジャック・バウアーから誕生しました。コーリーのキャラクターも同じです。私たちは同じストーリーの池で釣りをしているようなものです。そして、ジャック・バウアーはその原子なのです」(ゴードン)。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP