ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

芭蕉と広重も愛した「名物とろろ汁」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

6月27日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、東海道・府中宿~金谷宿の旅を特集。女優の藤田朋子さんが「丁子屋」(静岡県静岡市駿河区)を訪れた。

慶長元年(1596年)創業の同店は、自然薯料理が味わえる老舗。かつて俳人の松尾芭蕉が「梅若菜、丸子の宿の、とろろ汁」という句を詠み、浮世絵師の歌川広重がその句にちなんだ絵を描いたことがきっかけとなり、今で言うSNSのような口コミで噂が広まり有名店になったという。

芭蕉と広重が愛した名物とろろ汁のセット「丸子」をオーダーした藤田さん。静岡産の自然薯を白味噌のお味噌汁で溶いたとろろ汁を、麦が混ざったご飯にお好みの量をかけていただく。
店主おすすめの食べ方という、お茶碗を口に付けずるずると音を立てて食べるという手法をそのまま再現した藤田さんは「おいしい!口の中で混ざっている感触がとてもいいですね。お出汁もあっさりで後味がいいからどんどん食べられますね」とコメント。
400年以上も前から旅人の胃袋を満たしてきたとろろ汁は、今も尚、旅人の胃も心も癒し続けている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:丁子屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:葵区南部・駿河区のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:葵区南部・駿河区×和食のお店一覧
分厚くて柔らかくて美味しい「リブロースステーキ」
ニンニクと大根おろしを挟んだ「スタミナとんかつ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。