ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨の時期のストレスを解消!自動開閉式で水滴が飛び散らないスマート傘「HAZ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

梅雨真っ只中の日本列島であるが、雨の日が続くと、イライラしたり、気分が落ち込んだりしがちだ。

そこで、雨の日のイライラの原因は傘にあると考えた台湾のスタートアップ、HAZ Digital, Inc.。雨の日のイライラを解消するスマート傘「HAZ」を発明した。

・片手で開閉可能

「HAZ」はモーターおよびリチウム電池で動く世界初のスマート傘だ。両手に荷物を持っていても、ボタンへのワンタッチ操作で自動的に開閉可能である。

傘はゆっくり開くため、傘を開いた時に水滴が飛び散ることもない。梅雨の期間中もストレスを感じることなく過ごすことができるだろう。

・日傘としても使える

「HAZ」は晴雨兼用であり、晴れた日には日傘としても使用可能である。

紫外線防御指数はSPF50+であり、強力な紫外線をカットするため、晴れた日も安心して出かけることができる。

・失くした傘が戻ってくる

お気に入りの傘を失くしてしまった時も、「HAZ」さえあれば安心だ。

「HAZ」本体はBluetoothに対応。最後にBluetooth接続を行った場所をアプリで検索し、傘を失くした場所を突き止めることが可能である。もうお気に入りの傘を失くして悔しい思いをすることもないだろう。

現在、国内クラウドファンディングサイト「きびだんご」において、スマート傘「HAZ」への支援を受付中である。期限は、7月20日23時54時。期限内に支援に協力してくれた方には、もれなく「HAZ」本体が進呈される。

HAZ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP