ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

球界最年長・70歳のロッテ打撃投手の生き様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ボールを投げて相手が打つだけの作業。別に珍しいことじゃない。同じような年齢で野球をしている人(アマチュア)はたくさんいる。違うのは、こっちはお金をもらっていることかな」

 千葉ロッテマリーンズの池田重喜は、5月に70歳の誕生日を迎えた寮長兼、現役の打撃投手だ。「シルバー草野球と変わらない」と笑う古希の打撃投手は、二軍本拠地の浦和球場で連日、プロの若手打者を相手に汗を流している。

 現役時代は大洋、ロッテで中継ぎ投手として活躍。肩の故障により引退した後は、トレーニングコーチ、育成コーチを歴任しつつ、その頃から打撃投手を務めてきた。

 池田の朝は寝床でのストレッチ運動から始まる。早朝5時過ぎに目を覚まし、布団の中で「固まりやすくなった」全身をほぐす。続いて腹筋、背筋、腕立て伏せを各100回以上行なって、寮生たちと散歩に出かけ、朝食を摂る。これが毎朝の日課だ。

 53歳で寮長に就任した時、池田がまず驚いたのは、朝食を摂る習慣のない若者が多いことだった。

「食事の大切さを教えてくれたのは、金田(正一)さん。私が現役の頃は、キャンプ中に出される食事も粗末なものが多くてね。そこへ金田さんが監督としてやってきて、『食事は体の源や!』といって改善してくれた。量も品数も一気に増えて驚いたものだよ。体のケアの重要性も含めて、金田さんにはスポーツ選手としてのプロ意識を勉強させてもらった」

 金田が現役時代、キャンプ中に自ら食材の買い出しに行くほど、食事にこだわりを持っていたのは有名なエピソードだ。金田に薫陶を受けた池田は寮生全員に朝食の習慣化を徹底させた。

 ロッテの2度の日本一に貢献した強打の捕手・里崎智也も、池田に朝食の大切さを説かれた選手の一人だった。

「里崎は即戦力として期待されて入団したけれど、ケガが多くてなかなか一軍に上がれなかった。聞けば、大学時代から朝食を摂る習慣がないという。だから寮生全員参加の朝の散歩の後、直接食堂に連れて行った。

 小学生じゃないから何を食べるかまでは指示しなかったけれど、オレンジジュースでもパンでも何でもいいから、とにかく口に入れろ、と。朝食を摂るようになってからは、生活にリズムができてコンディションが良くなったためか、ケガも減って、間もなく一軍のレギュラーに定着したよ」

 これまで池田は寮長・打撃投手として、里崎のほかに、今江敏晃、西岡剛など多くのスター選手たちを一軍に送り出してきた。彼らには共通点があったという。

「暇さえあれば練習に励む選手。プロ向きの根性を持った選手。一軍で活躍するタイプは色々だけど、共通しているのはスタイルを変えない点。彼らは自分で決めたことはやり続けた」

 だが、スター選手が誕生する一方、若くして球界を去る選手も多数いる。

「どんな選手も時間をかければ上手くなれる。運命の分かれ目は、球団に成長するまで待とうと思わせる、光るものがあるかどうか。そういう意味では、ケガで可能性を絶たれる選手は気の毒だよ。

 私も26歳の時に肩を壊して、30歳で球団からコーチを打診された時は、『まだ現役でできるのに』と大いに悩んだ。今から振り返ると自惚れでしかなかったと思えるけど、当時は客観的視点を受け入れられなかったんだよね。その気持ちがわかるだけに、まだ若いのにケガで諦めなければいけない選手を見送るのは本当に辛いね」

 若い選手は短期間で急成長することがある、その様子を間近で見られることが何よりの喜びだ──池田はそういって目を細める。

 寮長として、若い選手の指導に当たる池田が彼らに求めるのは、「当たり前のことを当たり前にやる」意識だけだ。

「部屋を出るときは電気を消す。人に会ったら挨拶をする。普通のことを普通にやればいい。あとは、社会人として周りに迷惑をかけないこと。事件を起こして、選手生命を絶たれることが一番馬鹿らしい。だから“美人局”と書いて、何と読むかってことから教えている。今の若い子たちは知らないんだよ」

 選手たちの未来の可能性について話す池田の姿は好々爺そのもの。だが、トレーニングコーチ時代には「鬼」と呼ばれたほど血気盛んだった。

「60歳を超えてだいぶ丸くなった。ときどきカーッとなって怒ることがあるけど、自分では『まだ元気だな』って嬉しくなるよ。いつまで続けられるか? それは運命でしょうね。球団のほうから、辞めてくれといわれるまでは続けたい。自信があるうちは投げ続けたいね」

 最後に今欲しいものを尋ねると「緊張感」という答えが返ってきた。

「緊張感のない人生ほどつまらないものはないから。ただ、いま緊張感をもって生きている若い人に話しても理解してもらえない。年を重ねて、人生から緊張感が失われて来た時に、初めてその大事さに気づくんだなァ」

 球界最年長の古希の打撃投手は、これからも若手を育てるために、そして自らの人生に緊張感を求めるために、黙々とボールを投げ続ける。(文中敬称略)

◆いけだ・しげき:1946年5月1日生まれ、大分県出身。津久見高2年時に甲子園出場。1学年上の高橋直樹(東映など)がエースだった。卒業後、日本鉱業佐賀関に入社。1967年ドラフト4位で大洋に入団。1970年オフにロッテへトレード移籍。1977年に引退した後はロッテのコーチに就任。現在は浦和のマリーンズ寮・寮長兼打撃投手。生涯成績は13勝12敗、防御率3.53

取材・文■田中周治 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
打撃投手の年俸500~800万円 チーム最大貢献なら1000万円も
東尾修 引退後に米で投げ打撃投手として雇うべしと言われた
打撃投手にイップスあり 投球動作で出す足が分からなくなる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP