ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今日はニワ(28)トリの日! 鶏肉の凄い美容効果を総まとめ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鶏肉は低カロリーで高タンパクな食材。プルプルお肌のもとになるコラーゲンもたっぷりで、ダイエットや女性の美肌作りには欠かせない食材です。その上お値段もお手頃でお財布にも優しいですよね。毎月28日はニワトリの日。今日は鶏肉が持つ凄い美容効果を部位別にまとめてご紹介します。

タンパク質の他にはどんな栄養があるか知ってる?

鶏肉に含まれる栄養素と言えば、たっぷりのタンパク質です。タンパク質は体を作るもとになる成分。ダイエット中でも、タンパク質が不足すると筋肉が衰えて代謝が落ち、うまく痩せることができません。牛肉や豚肉にもタンパク質は含まれていますが、鶏肉は他の肉類と比べて脂肪分が少ないため、ダイエット向きの食材と言われるのです。さらに女性にとって嬉しいことは、コラーゲンが多く含まれていること。コラーゲンはタンパク質の一種ですが、全身の細胞をつなぎとめる役割をしており、キメの整った美しい肌を作るには欠かせない成分。コラーゲンは特に手羽先に多く含まれています。これ以外にも、鶏肉にはビタミンB群やビタミンKなどが豊富です。

みんな大好き!鶏モモ肉の栄養と美容効果は?

鶏肉の部位では、モモ肉がいちばん好きという方も多いのです。ただし鶏モモ肉は、他の部位よりもカロリーが高いので注意が必要。脂分が多いのが美味しさのもとでもありますが、ダイエット中なら皮をカットすることで、カロリーを減らすことができます。鶏モモ肉に多く含まれる栄養素はビタミンB2とビタミンB12です。ビタミンB2は脂質を代謝する働きのある栄養素。ビタミンB12には血液中のヘモグロビンを作る働きがあります。つまり鶏モモ肉を食べることで、脂肪を燃やしてエネルギーを作ることができ、貧血を予防してピンク色のお肌を作ることもできるのです。

鶏ムネ肉に含まれる栄養と美容効果は?

鶏ムネ肉は安く買えてお財布には嬉しいものの、脂分が少なくてパサパサするといったイメージを持つ方も多い部位です。鶏ムネ肉は、鶏肉の他の部位よりも脂肪が少ないため、ダイエット向き。でも、その他に鶏ムネ肉に特に豊富に含まれている栄養素もあるのです。それはビタミンKとビタミンB6。ビタミンKは、カルシウムを骨に取り込む際に必要な栄養素。ビタミンB6には、タンパク質を代謝してエネルギーを作る働きがあります。もともと鶏肉はタンパク質が豊富な食材。タンパク質がスムーズに代謝されることで、しっかりした筋肉が作られ、痩せやすい体を作ることができるのです。

鶏肉に含まれる栄養素はダイエットにも、美肌にもピッタリ。毎月28日のニワトリの日には、意識して鶏肉を食べてみてはいかがでしょうか?

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP