体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高齢者は2つのグループに分けられる!時代背景から考えるケアについて

アイキャッチ-crop

こんにちは。理学療法士・介護福祉士の中村です。日本は戦後71年を迎え、戦前から戦後を過ごしていた若者たちは、現在80代〜90代になります。また、団塊の世代と呼ばれる方たちは、高齢者と呼ばれるようになりました。

今回は、年代別に時代背景を考え、そこから導き出されるケア方法についてお話していきたいと思います。
引用元:総務省統計局(2014年10月)引用元:総務省統計局(2014年10月)

80代~90代の方の時代背景を考える

私の周りの高齢者から聞いたのですが、戦後の日本は焼け野原で、相互扶助(助け合いの精神)がどこの地域にも存在していたようです。隣の家を見て、「○○さんの家は、まだ夕御飯を食べていないはず。うちの味噌を持って行きなさい」と、家にあるものを分けたり、また分け与えられたりしていたとのことです。

言葉を発しなくても、周囲を見て感じ、行動する力が自然に養われていました。裕福な家庭が多くない中、このような助け合いが当たり前に行われていたことは、今の日本の社会では考えにくいですよね?

戦前・戦後世代が持っている察する力

戦争が起き、今まで築き上げてきたものが一瞬にして焼け、自尊心はズタズタに傷つけられたはずです。しかし、戦後たった数十年で、日本は世界でも有数な経済発展を成し遂げました。ボロボロになった自尊心を、互いに支え合いながら取り戻したのです。

そんな時代を過ごした当時の若者は、とりわけ「察する力」に長けているのではないかと感じる事が多いのです。

食事に手をつけなかった女性の行動から考える

私が施設で勤務していた頃の話ですが、ある女性認知症高齢者(以下:鈴木さん(仮称))が食事に手をつけようとしませんでした。

「どうして食べないのですか?調子でも悪いのですか?」と聞いても、
「なんともないよ」と一言。

隣の方の食事介助を終えて、再度鈴木さんに話をすると、「どうして私だけ1品多いの?」と聞かれました。隣の方との違いを察し、「自分だけが多い」からと手をつけずにいたのです。

嚥下機能や高血圧などさまざまな理由により、高齢者毎で食事内容に違いがあります。我々にとって当たり前のことが、戦後、助け合いの中で生活してきた高齢者にとって当たり前ではなかったのです。鈴木さんにとっての当たり前は、分け与え、助け合うことだったのです。

介護施設に勤務してらっしゃる方はよく見る光景だと思うのですが、自分のおかずを分け合ったりしている方って結構いらっしゃいますよね。高齢者同士で分け与え、助け合うことは日常茶飯事で行われているのです。

施設内でよく見られる高齢者の察する力

施設内での生活は、集団生活となります。他者と触れ合う機会がある一方、他者に対して気を遣いながら生活している高齢者も多くいます。自らは後回しにして他者を敬う。その行動は一見、なかなか行動に移さない高齢者と捉えられるかもしれません。

「あの方が入った後で…」「私は最後でいいよ…」と、入浴などにおいて良くある光景だと思います。意見の強い方に譲り、自らは後回しにする。誰かがそのような関係性を決めた訳ではないのですが、中には自分の気持ちを押し殺して相手をたてる方もいます。

もちろん、突然怒り出す高齢者もいらっしゃいます。しかし、よく話を聞いてみると、「私はあの人の事を考えてやったのに」とか、「みんなの事を私は考えたんだ」と言うように、「他者の事を考えている」上での行動により、それが自ら予測した結果につながらず、怒りとなったケースも多いのです。高齢者にとって、集団生活を営む上で本人なりによく考えた行動だったりします。

高齢者が察する力を持っていると考える根拠「教育勅語」

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会