ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プリンセスたちの “個性と内面に秘めた強さ”「ディズニープリンセスとアナと雪の女王展」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


本展では、 ディズニーが描く9人のプリンセスたちが「なぜ幸せになれたのか」をテーマに、白雪姫からアナとエルサまで、 ディズニーの描くプリンセスたちの“個性と内面に秘めた強さ”を貴重なアートや衣装、 映像資料などとともに紹介。
1人の女性としての生き方を示すプリンセスたちから、 自分自身の輝く力を見つけてみよう。他にも、ここでしかみることのできない「アナと雪の女王」特別映像シアターや500種類を超える限定グッズなど、 この夏だけの体験を楽しもう。

【展覧会内容】

ディズニーのプリンセス作品は、 1937年に公開の世界初の長編アニメーション映画「白雪姫」から始まった。プリンセスたちは、物語の主人公としてだけではなく、パワーを秘めた1人の女性としていきいきと輝いている。
いつの時代も、その時の希望と憧れの女性像を描いてきたディズニーのプリンセス作品は、アニメーションにとどまらず、音楽、 ミュージカル、 実写映画にまで広がっている。
本展では、「白雪姫(白雪姫)」「シンデレラ(シンデレラ)」「オーロラ姫(眠れる森の美女)」
「アリエル(リトル・マーメイド)」「ベル(美女と野獣)」「ジャスミン(アラジン)」
「ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)」そして「アナとエルサ(アナと雪の女王)」まで9人のプリンセスを取り上げる。 今回は、 ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存する米国の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」や「ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー」のコレクションから、 アートやセル画、 実写映画、 テーマパークのドレスや小道具、 マケット(模型)などの
貴重なアイテム、 資料を一堂に展示する。





 

 

■「アナと雪の女王」特別映像シアター
臨場感あふれる“光と氷のプロジェクション演出”とともに、世界25ヵ国の言語で歌いつながれた「Let It Go」を観賞できる「アナと雪の女王」特別映像シアターは、
本展覧会でしか体験できない特別な空間となっている。

 

■展覧会限定グッズ、 大集合
ファッション・インテリア雑貨・アクセサリー・文具類など、本展覧会でしか手に入らないオリジナル限定グッズが多数、用意されている。


 

【大阪会場 開催概要】
会期:2016年7月16日(土)~8月15日(月) 31日間会期中無休
入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場) ※最終日は午後4時30分まで(午後5時閉場)
会場:大丸梅田店15階 大丸ミュージアム<梅田>
主催:ディズニープリンセスとアナと雪の女王展 大阪会場実行委員会
協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
協賛:日本航空株式会社
入場料:一般1,500円(1,300円)、 高大生1,200円(1,000円)、中学生から3歳まで800円(700円)、2歳以下無料 すべて税込
※( )はご優待料金です。 前売及び10名様以上の団体、
大丸・松坂屋のクレジットカード、 大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証、 ディズニー★JCBカードをお持ちの方
前売券はチケットぴあ、 ローソンチケット、 イープラス、 CNプレイガイド、セブン-イレブン(セブンチケットボタンより)など全国のプレイガイドで販売中。
(前売券の販売は7月15日(日)まで)
HP:http://www.daimaru.co.jp/museum/

 

 

【名古屋会場 開催概要】
会期:2016年8月19日(金)~9月12日(月) 25日間会期中無休
開場時間:午前10時~午後7時30分(最終入場は午後7時)
※8月23日(火)は午後6時閉場(最終入場は午後5時30分)
会場:松坂屋名古屋店 南館8階 マツザカヤホール
主催:東海テレビ放送/電通
協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
入場料:一般1,500円(1,300円)、 高大生1,200円(1,000円)、中学生から3歳まで800円(700円)、3歳未満無料 すべて税込
※( )は前売り料金です。 前売券は7月上旬よりチケットぴあ、 ローソンチケット、イープラス、 CNプレイガイド、 セブン-イレブン(セブンチケットボタンより)など
全国のプレイガイドで販売予定。
HP:http://tokai-tv.com/events/princess/
キャプション+(C)Disney

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP