ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乳がん治療は日々進歩、樹木希林の元気ぶりがその証明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今や生涯のうち12人に1人がかかるといわれる乳がん。ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー(41才)は遺伝子検査を受け、医師に「87%の確率で乳がんを発症する」と宣告されたことから、発症していないにもかかわらず両乳房を切除した。

 遺伝的要素のなかったタレントの北斗晶(48才)は、1年に1回の検診を受けていたが検診では見つからず、自分で異常を感じて病院を受診。見つかった腫瘍は2cmと大きく、右乳房全摘手術と抗がん剤治療を受けた。

 一方で女優の南果歩(52才)は人間ドックを受診して異常が見つかり、2016年3月に早期の乳がんで手術を受けた。女優の生稲晃子(48才)は43才で乳がんにかかり、その後計5回の手術を受けて乳房を再建している。このように女性にとって「乳がん」は、決して他人事ではない。

 そんななか歌舞伎俳優・市川海老蔵(38才)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33才)が、1年8か月前から乳がんの治療を受けていたことがわかった。現在再入院して治療中の彼女と家族の闘いから、私たちは多くのことを気づかされる――

 乳がんの治療は日々進歩している。2005年に「乳がん」であることを明かした女優の樹木希林(73才)は、2012年から病巣にピンポイントに陽子線と呼ばれる放射能を当てがんを小さくする「陽子線治療」を受けている。その後も、新しい薬の開発や、免疫療法などさまざまな新しい治療法が出てきている。

 医療ジャーナリストの田辺功さんが、最新の乳がん治療について解説する。

「基本的に乳がんの治療は、手術・放射線・化学療法の3本柱。これは20年前から変わりません。その中で、日々新しい治療法が生まれているのです。例えばこれまでの放射線治療はX線の“三次元照射”でしたが、“四次元ピンポイント照射療法”を行う病院もあります。

 これまでは、照射時に患者さんが呼吸をするため、位置がずれてしまうことがありましたが、“四次元ピンポイント照射治療”はずれを矯正しながら患部にX線を当てていく。そのため体に負担をかけずに陽子線治療とほぼ変わらない効果を得ることができます」

 また、手術においては、ラジオ波や超音波治療などメスを使わない治療法もある。

「ラジオ波は電極針を患部に刺し、熱でがん細胞を死滅させる治療法。超音波治療も、超音波をがんの部分に集めて熱で焼くという方法です」(田辺さん)

 抗がん剤やホルモン治療薬、分子標的薬など化学療法でも新しいものが出てきている。例えば、HER2陽性に効く「ハーセプチン」という薬は、移転しやすく再発しやすいといわれていた「HER2陽性タイプ」の乳がんにおいて再発が減ったというデータもある。

 一方で自身の体がもともと持っている“免疫力”を引き出す「免疫療法」と呼ばれる治療法も研究が進んでいる。

「免疫チェックポント阻害剤、オプジーボと呼ばれる薬です。私たちの免疫に抵抗するがん細胞の働きを抑えて、免疫力を上げることでがん細胞への攻撃力を高めるといわれています」(田辺さん)

 ただ、オプジーボは年間3000万円と高額な費用がかかる。しかし効果が認められれば保険適用となる日がやってくるかもしれない。2011年には、それまで1錠1万円といわれていた分子標的薬が保険適用となり、多くの女性を救ってきた。

 病院や病状によって異なるが、ハーセプチンは年間約80万円、四次元ピンポイント照射は約300万円、ラジオ波は約15万円が目安。これらはいずれも最近になって保険適用され、治療の選択肢を大きく広げた。

 何より期待できるのは、樹木の元気ぶり。彼女が「全身がん」と発言したのは2013年。それから3年経った現在も、出演した映画『海よりもまだ深く』が公開中など、精力的に女優として活躍を続けていることこそが、乳がん治療の進歩の証明となるだろう。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
現在の乳がん治療は「切る」「切らない」の二択ではない
がん治療費 乳がんは5年92万円、肺がんは2年45万円のケース
乳がん体験者の会が乳房再建手術経験女性のフォトカード発売

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP