ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首位独走・広島ファンがおびえる「週ベの呪い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月15日、広島の主砲エルドレッドが右太ももの不調で戦線を離脱した。広島ファンたちは「やっぱり『週ベ』の呪いだ……」と青ざめたという。同日発売の『週刊ベースボール』で、〈ビッグレッドマシンガンの閃光〉と銘打たれた広島カープの大特集が展開されていたのだ。

 ディープなプロ野球ファンの間で「週ベの呪い」はつとに有名だ。「表紙や特集で取り上げられたチームや選手は急激に調子を崩す」というジンクスである。

 広島には昨シーズンも「週ベの呪い」が直撃した。昨年4月13日号に黒田博樹が表紙の広島カープ大特集が掲載されると、次の登板で黒田は負け投手になり、Vのカギを握ると名指しされた長距離砲グスマンは夏場まで絶不調に。「今年こそ優勝」と下馬評の高かったカープは、シーズン終了まで低迷を続けた。

「週ベの呪い」は広島だけに留まらない。

 昨年5月11日号で「強竜復活」のテーマで中日を特集すると、エース・吉見一起がケガで離脱してチームはズルズル後退。6月8日号、交流戦スタートのタイミングで横浜DeNAの中畑清・監督が表紙に取り上げられると、交流戦から泥沼の12連敗。9月14日号では、優勝争い真っただ中の阪神を特集したが、直後に阪神は失速してCS進出も危ぶまれる状況に陥った。

 今年になっても呪いは続く。4月11日号の開幕特集では金本知憲・新監督の「超変革」阪神が表紙になったものの、4月中旬からの連敗でBクラスへ転落。巨人も5月2日号で高橋由伸・新監督が表紙になった途端、それまでの首位からBクラスへと沈んだ。

 個人にも魔の手は及ぶ。4月18日号の「新人特集」では、取り上げられた4人がすべて憂き目を見た。

 オリックスのドラフト1位、吉田正尚は、堂々の開幕一軍だったのに4月24日には腰椎椎間板症で登録抹消。横山弘樹、岡田明丈(ともに広島)、桜井俊貴(巨人)はいずれも5月までに二軍降格した。

 25年ぶりのリーグ優勝がかかった広島ファンにとって、この“呪力”は気が気ではないようだ。

「去年のこともあるし、週ベの記者さんはもう広島に取材に来ないでほしい(笑い)。2位の巨人とゲーム差はありますが、優勝マジックが出るまでは不安で仕方がありません。巨人に11.5ゲーム差をひっくり返された1996年の『メークドラマ』のトラウマが蘇ってきています」(カープファンの60代男性)

 ペナントレース以上に、今後の週ベの特集ラインアップから目が離せない。

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中
広島市民溺愛のカープうどん 2年前から「全部のせ」が登場
黒田復帰の広島 地元企業株上昇でクロダノミクスと呼ばれる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP