ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不要品を必要な人にあげよう!物を譲るための完全無料プラットフォームアプリ「giftel」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リユース全盛の昨今。必要な物を借りたり、交換したりする“シェアリングエコノミー”が、世界的に脚光を浴びている。

日本国内でもさまざまなサービスが誕生。個人の遊休資産を他人のために役立てるという考え方が、徐々に浸透しつつあるようだ。

そんな中登場した注目のサービスがこれ。完全無料で物をあげたい人と欲しい人をつなぐプラットフォームアプリ、「giftel(ギフテル)」だ。

・譲りたい物の写真を撮ってアップするだけ!

「giftel」の仕組みは、実にシンプル。あげたい物があったら、スマホで写真を撮って出品するだけ。アプリ内課金が一切なしに利用できるのも、大きなポイントだ。(※受け渡しの際の送料は個人負担)。

出品された物に対する応募は、1日1回。期限が来ると、システムによる完全自動抽選で、譲り先が決定する。自分が持っている物を人に見せたり、“ほしい”と公開することに気が引ける場合は、ニックネームを利用できる。

・受け渡しはメッセージでやり取り

譲り先が決まったら、出品者と当選者でメッセージのやり取りを開始。品物をどのように受け渡すかを、相談し合う。話がまとまったところで、実際に受け渡しを行うという流れだ。

物が足りない人と、物が余っている人のギャップを埋めるために開発された「giftel」。買ったはいいが、タンスの肥やしになっている。物が増えて収納場所がない。理由は何でもかまわない。自分にとって不要な物が誰かの役に立つなら、こんなにうれしいことはないのだから。

物があふれる現代ならではのサービス。エコ精神促進の第1歩として、利用してみてはいかがだろうか。

giftel

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP