ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京をヒールで闊歩。足が痛くならない方法知りたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私の足元の定番は、スニーカーやフラットシューズ。

でも、ぺたんこ靴ばかり履いていると、ヒールが恋しくなることも。たまに履いて出かけると、背筋がいつもよりピンと伸びて、気持ちがよいのですが、やっぱり足が痛くなってしまいます。

ヒールで足が痛くならないようにするには?

どうにかヒールを快適に履けないかと悩んでいたとき、フォームソティックスのインソール「Everydayシリーズ」を知りました。

フォームソティックスは、矯正用インソールを製造するニュージーランドのメーカー。足のバランスを整えたり、筋肉疲労を軽減したりといった、さまざまな機能を備えたインソールは、多くのトップアスリートが愛用するほか、医療の現場でも使われています。

ヒールを履くときも、しっかり足をサポート

インソールに内蔵された機能はそのままに、日常でも使えるように開発されたのが「Everydayシリーズ」。

使用する目的や靴のデザインに合わせて選べる「Casual」「Dress」「Work」の3種類があり、なかでも薄型の「Dress」は、女性におすすめです。
フォームソティックス Dress、フォームソティックス Fashion 3/4(普通幅)、フォームソティックス Narrow 3/4(幅狭め)

その大きな特徴は、パンプスなどの幅が狭いドレスシューズにも使うことができる、コンパクトなデザイン。先端が開いているオープントゥパンプスやサンダル向けのタイプもあるので、これからの季節にも活躍します。

もちろん機能性にもすぐれ、足や膝などの骨格を理想的な位置に矯正することで、多くの女性が悩んでいる足のむくみや疲れ、外反母趾などに効果を発揮

ヒールは足が痛くなるものと思い込んでいましたが、「Everydayシリーズ」を活用すれば、東京の街を快適に、颯爽と歩くことができそうです。

フォームソティックス Everydayシリーズ

あわせて読みたい

週イチの「見せシューズ」で足元おブスにさようなら

きれいな人は歩きかたも美しい。歩くときに気をつけたい3ポイント

脚をきれいに見せるヒールの選びかた

image via Shutterstock

■ あわせて読みたい

スタイリッシュ度あがる。この夏のビルケンはチューリッヒがいい
Tシャツのシルエット問題。この夏サードウェーブブラで自信がついた
6月23日はゴールインの気運が高まる日。ラッキーアクションは?
とことん着倒す。榮倉奈々さんは服にも身体にもストイックだった
梅雨で満員電車…梅雨どきの二重苦から解き放つ #まとめ
もう自転車なしの都会なんて。洒落た乗りこなしはNYをヒントに
これさえあればOK。センスよくみえる三種の神器

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP