ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』世界に衝撃を与えた天才ギタリストの軌跡を辿るドキュメンタリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年、66歳で急逝したパコ・デ・ルシア。その超絶技巧とジャンルを超えた活動でフラメンコ界に革命を起こし、世界のギタリストに衝撃を与えた伝説のギタリスト。このパコ・デ・ルシアのドキュメンタリー映画が、7月にロードショーとなる。 

 本作は、フラメンコの地・アンダルシアで生まれたパコが、7歳でギターを手にしてから2014年にリリースされた最後のアルバム『Cancion Andaluza』まで、60年間の軌跡を辿ったドキュメンタリー映画だ。わずか12歳でフラメンコ・ギタリストとしてデビュー。圧倒的なテクニックと音楽への探究心から、ジャズやフュージョンなどのジャンルを超えて活躍し、1979年にはアル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリンとの3人で、アコースティック・ギターのみのツアーを敢行し、81年に発表したアルバムによって、スーパー・ギター・トリオの愛称で世界的な人気を博した。

 パコの、実の長男クーロ・サンチェスの初監督作品であり、心臓発作で急逝する直前まで回された映像には、身内ならではのプライベートな素顔とインタビューが満載だ。ストイックなリハーサルシーン、楽屋での爪の調整、そしてマジョルカ島の自宅が醸し出す空気が、パコが音楽とどのように向き合ってきたのか、その孤独と栄光を静かに鮮やかに描き出している。

 初めてギターを手にした時の親子の会話、兄とともにホセ・グレコ舞踏団に加わりアメリカを巡演した当時の音楽的邂逅、そして伝説のカンタオール・カマロンと共に歩むことになることになった、とある夜の衝撃の歌声について。パコの口から語られるエピソードに、世界を股にかけたギタリストの生き様と熱を誰しもが感じることだろう。

 カルロス・サンタナ、チック・コリアをはじめとする音楽界のレジェンド達が語るパコへの、当時の名演奏映像など、フラメンコファンならずとも音楽ファンなら見ておきたいお宝映像が満載だ。『パコ・デ・ルシア灼熱のギタリスト』7月23日よりBunkamuraル・シネマほか全国公開。text:yokano

◎公開内容『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』
7月、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
監督:クーロ・サンチェス
出演:パコ・デ・ルシア、チック・コリア、カルロス・サンタナ、ジョン・マクラフリン
配給:レスペ
原題:PACO DE LUCIA A JOURNEY/2014年/スペイン映画/90分
(c)Ziggurat Films

関連記事リンク(外部サイト)

ジョン・ボン・ジョヴィ、がんと闘うファンを自身の非営利レストランに招く
リヴィングストン・テイラー、ハートウォーミングな歌と味わい深いギターが魅力のSSWが来日決定
トム・クルーズ×『ラストサムライ』監督の再タッグ! 映画『ジャック・リーチャー』予告編公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。