ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ『火花』のヒットを受けてNETFLIXのCEOが緊急来日 日米の人気キャスト陣も豪華共演

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

6月27日、映像配信サービス大手NETFLIXの幹部らが来日し、ニコファーレ(東京・六本木)にてプレゼンテーションを開催した。会場には、同社の創業者兼CEOのリード・ヘイスティングス、コンテンツ部門最高責任者であるCCOのテッド・サランドスに加え、『Netflix』のオリジナルドラマに出演する日米の豪華キャスト陣も登場した。

ヘイスティングスCEOは、インターネットテレビはまだ真新しいサービスであると前置きしつつも、「『Netflix』は選択可能なチャンネルのひとつです。『Hulu』や『Amazonプライム・ビデオ』はもちろん、NHKやテレビ朝日もインターネット事業に力を入れています。これは素晴らしいことです。そうすることで、エコシステム自体が大きく成長していきます」と、全世界で8100万人以上の会員を持つ『Netflix』がテレビと並んでエンタメ業界をけん引するサービスのひとつであることを強調した。

また、『Netflix』との相性にも関わる話題として、日本は世界で最もインターネットの環境が整った国のひとつであると語った。「日本のどこに行っても高速インターネットが利用できることに驚きました。先週、私は日本の北端を目指して利尻島(北海道の北部に位置する島)まで行ってきました。そこでは、私の予想に反して70Mbpsの高速インターネットが利用できました。日本は本当にインターネットにとって素晴らしい国です」。

サランドスCCOは、『火花』や『テラスハウス』など日本の人気オリジナルコンテンツに触れ、「アメリカ、カナダ、アジア各国、ヨーロッパ各国で視聴され、世界の有力コンテンツと肩を並べる作品となっています」と、サービスにおける日本の重要性を語った。

NETFLIXによると、『火花』の視聴者の半数は海外ユーザーで、人気のアニメ作品になると視聴数の8割以上を海外ユーザーが占めることも期待できるという。もちろん各国の登録者数の違いに起因するものの、この数字は想定していたよりも多いとのことだ。

「ドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』で見た『すきやばし次郎』に行ってみたい。週に2~3回くらい食べるほど寿司が大好きなんだ」と語る『Marvel ルーク・ケイジ』のマイク・コルターは今回が初来日。

彼が演じるルーク・ケイジは弾丸でも傷つかない無敵の皮膚を持つ男だが、「ウィッグで顔を隠したりできないから、スタントシーンの9割は自分で演じている。常にケガは付き物で、ルークを忘れる瞬間もあったよ」と撮影の苦労を明かした。

『Marvel ルーク・ケイジ』は9月より配信予定だ。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』でスーザン役を演じ、エミー賞の助演女優賞を獲得したウゾ・アドゥーバは、「年齢、人種、体型、セクシャリティにおいて多種多様な女性たちが登場する。視聴者はその中に自分自身を見つけることができるから魅力に感じていると思う」と、ドラマの人気について理由を分析した。

「猫カフェやロボットレストランに行きたい」と語るルビー・ローズ(ステラ役)は、『バイオハザード』シリーズ最新作で共演した日本のハーフタレント、ローラに連絡をとったそうで、「一緒に夕食へ行きたかったけど、今日は東京にいないみたいなの。彼女は小さくてキュートだから、ポケットに入れてキープしたいわ(笑)」と、茶目っ気たっぷりに語った。

シーズン3から新メンバーとして参加したドラマについては「60人もの親友ができた作品」と語り、作中とは違って和気あいあいとした温かい撮影現場であることを明かした。

『火花』からは、林遣都(徳永役)、波岡一喜(神谷役)、好井まさお(山下役)、村田秀亮(大林役)がそろって登場。

主人公を演じた林遣都は、「夢を追いかけて、ひとつの道を志して、でも苦しい想いがほとんどで、結果として敗れ去っていく若者たちの話です。でも、決して暗いだけはなく、希望にあふれています。芸人という仕事の素晴らしさ、誰かひとりでも笑わせてあげることの大切さなど、原作者である又吉さんの思いが詰まっています」と、熱い思いを込めて作品をアピールした。

その他、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のファン代表として歌手のBENI、バズ・ラーマン話題の新作『ザ・ゲット・ダウン』のジャパン・アンバサダーとしてEXILEのÜSAが登場するなど、日本に対するプロモーションへの力の入れ方に期待の表れを感じるイベントとなった。

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。