ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界各国のリアルな大きさを瞬時に比較できるオンラインマップ「The True Size of …」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1569年にベルギー出身の地理学者ゲラルドゥス・メルカトルが発表した「メルカトル図法」は、長年、海図や航路用地図として利用され、近年では、Googleマップなどのオンラインマップでも、幅広く採用されてきた。

この図法は、緯線と経線の交わる角度が正確である一方、緯度によって縮尺が変化し、特に高緯度の地域は、実際よりも拡大される。

たとえば、216.6万平方キロメートルのグリーンランドと、その約14倍にあたる3,022平方キロメートルのアフリカ大陸が、ほぼ同等の大きさで表示されてしまうのだ。

では、それぞれの国や地域の実際の面積は、他と比較して、どれくらいの大きさなのだろうか。

これを簡単に比較できるオンラインマップが「The True Size of …」である。

・国や地域の実際の大きさを簡単に比較できるツール

「The True Size of …」は、検索ボックスで国を指定し、カラーで縁取りされたエリアをドラッグして、他の国や地域と重ね合わせることで、面積の差を視覚的に把握できる仕組み。

たとえば、地図上では、日本よりも小さく見える南米コロンビアが、実際は日本の3倍以上もの面積を有していることがわかる。

・子どもの知育ツールとしても活用!?

「The True Size of …」は、ユーザー登録の必要がなく、無料で利用可能。簡単に操作できるので、子ども向けの知育ツールとしても活用できそうだ。

地球儀を眺める感覚で、気になる国や地域を互いに比較してみると、新たな発見があるかもしれない。

The True Size Of …

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP