体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『プレイ&ゴー お片付けバッグ&プレイマット』バッと広げて遊んだ後は瞬時に収納袋に変化する画期的アイテムを実際に子どもを使って検証!

CR5_3349

子どもが盛大に遊んだ後の室内、たとえ片付けが終わっていたとしてもブロックを踏んづけて”痛っ”となるのが定番である。そもそもお片付けをするだけでもマシと心を慰めるしかないのか。しかしアルコインターナショナル株式会社(大阪市西区)の『プレイ&ゴー お片付けバッグ&プレイマット』なら広げてプレイマット、周囲のヒモを引っ張るとあっという間に片付いてそのまま収納袋に変身する。一体どういうことなのか?

 

遊び場と収納袋を一体化することによって子どもでも瞬間お片付けが可能に!

 

『プレイ&ゴー お片付けバッグ&プレイマット』(希望小売価格 税込6,264円・発売中)の仕組みはこうだ。名称からバッグとマットのセットのように思えるかもしれないが、それは同一のもの。カラフルな布製の直径約140cmのプレイマットとして敷いて、その中でおもちゃとともに子どもを遊ばせる。

CR5_3246
その後が通常子どもにとって悪夢のお片付けタイムとなるのだが、この『プレイ&ゴー お片付けバッグ&プレイマット』は円のフチの部分にヒモが通されており、それを引っ張ることによって一気に巾着袋状態に変化して片付いてしまう。もちろんマット上におもちゃを散々出しっぱなしにしておいても一気に袋詰めされてしまうわけだ。これは子どもにとっても楽だし、大人にとってもブロック踏んづけ痛から解放される画期的システム。

CR5_3248

ちなみに「プレイ&ゴー(play & go)」はベルギー生まれのクリエイティブな子ども用品ブランド。カラーリングは現在10種類。カヨーロッパではここの製品が保育園や幼稚園、商業施設のプレイルームなどで定番なのだそう。

 

それでは実際にママさんに子どもを遊ばせてもらって検証だ。

 

盛大に散らかしたこの現場は果たして無事収束することができるのか!?

まず『プレイ&ゴー お片付けバッグ&プレイマット』をパッケージから取り出して広げる。柄はシンプルなピンクダイアモンドを使用。直径約140cmは結構大きい。

CR5_3331
実際に子どもを載せてみるとこんな感じ。警戒しつつも弱々しくVサインを決めてくれた。

CR5_3333
さて実際に遊ぶ。お気に入りのプラレールを『プレイ&ゴー お片付けバッグ&プレイマット』を広げたところに設置する。お気に入りのぬいぐるみもついでに置く。

CR5_3342

ここからは子どものお楽しみタイム。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。