体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グリコ『ALMOND PEAK(アーモンドピーク)』夏季限定キャンペーンは初音ミクと鳴らせるコラボ!

01

江崎グリコと初音ミクが“音とお菓子のコラボ”で競演だ!『ALMOND PEAK(アーモンドピーク)』で「冷やして鳴らそう♪お菓子でいい音(ね)」と題し、バーチャル・シンガー“初音ミク”とコラボした夏季限定パッケージを発売した。いったい、どんなコラボレーションなのだろうか。

チョコレートは冷やしてカリッが美味しいのだ!

夏季限定パッケージ『アーモンドピーク』『アーモンドピーク<クリアクリスプ>』(12粒60g・実勢価格税抜約150円・発売中)。同社の定番であるアーモンドチョコ製品だが、今夏はバーチャル・シンガーの初音ミクとコラボ。パッケージに初音ミクのイラストが掲載されている。

 

それだけでなく、初音ミクの“生みの親”であるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社(札幌市)と共同で音響測定器を開発、チョコ菓子の温度や食べる口の形による音響の違いを研究したという力の入れよう。その結果、この『アーモンドピーク』と、同社の『ポッキー』に関しては冷やして食べると美味しく、しかも“カリッ”“ポキッ”といった軽快や食音(食べるときに発生する音)が楽しめるということを発見。これを活かした動画をユーザーに投稿して楽しんでもらう「冷やして鳴らそう♪お菓子のいい音(ね)」キャンペーンを展開している。

02

『アーモンドピーク』自体は従来商品と何ら変わったところはない。砂糖が主原料という甘いアーモンドチョコである。なお、同キャンペーンは『アーモンドピーク<クリアクリスプ>』も対象で、こちらはシュガークランチのザクッとした食感が味わえる。

 

『アーモンドピーク』自体は定番商品であるため、販売戦略として何を考えるかが課題となりそうだが、普通は「期間限定の味」を開発するところだろう。ところがグリコは“攻める”会社。今年3月には人気スマホゲームアプリ「白猫プロジェクト」のコラボを行なったり、「双子の魔法使い リコ×グリ」という萌え系イメージキャラを作ったりと、積極的に若い(若くなくても)オタク層を取り込もうという姿勢が見受けられる。その流れとして、今夏のイメージキャラクターに“初音ミク”を起用したようだ。

0304

パッケージに印刷されてある「冷やして鳴らそう♪お菓子のいい音(ね)」キャンペーンサイトのQRコードを読み取ると、すでに投稿された「みんなのいい音(ね)」を観ることができる。また、同サイトには音符が掲載されており、冷やして音符を参考にしながら食音を出して動画を撮影、出来上がった動画はハッシュタグ(#お菓子のいい音)付きでTwitterに投稿してくださいという呼びかけがなされている。2016年7月15日18時までに投稿された動画の中から、優秀な作品はグリコビジョン渋谷で紹介されるかもしれない。さらに抽選でオリジナルスピーカーや初音ミク オリジナルタンブラーが当たるといったキャンペーンだ。

0809
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy