体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『レコルト パーソナルクーラーボックス』自分だけの“ビアサーバー”を好きな場所に設置したい人へ! 

12

居間で、寝室で。いつでも好きなときにビールが飲みたい。そういう「男の夢」を叶えてくれるのが『Personal Cooler Box(パーソナルクーラーボックス)』だ。簡単に言うと「スリムでドリンクに特化した小型保冷庫」。類似品は従来もあったが、この商品はどんな特徴があるのか、実際に使ってみてレビューする。

難しい設定なく、すぐに使い出せるシンプルさ。持ち運びもらくらく!

オシャレで便利な生活家電を製造・販売するウィナーズ株式会社(東京都渋谷区)のレコルトブランドに、新たにラインナップされた『レコルト パーソナルクーラーボックス』(希望小売価格 税込12,960円・発売中)。さまざまな場所やシーンで使えるスタイリッシュなデザインの小型保冷庫で、本体は外寸で幅が約21cm、奥行22cm、高さ50.5cmと、とてもスリムでコンパクトなのだ。

02

開封してビックリ。『パーソナルクーラーボックス』本体と取扱説明書、ACアダプター、そして貯蔵庫を仕切るためのトレイが2枚だけ。非常にシンプルかつ必要な物だけなので、細かい設定や取り付けなどは必要ない。これこそシンプル家電という好ましさだ。

それでは、さっそく使ってみようじゃないか。

03 04

本体上部には、持ち運びのためのハンドルが付いている。収納式のため、設置したら畳んでしまえば上面がフラットになり、ちょっとしたモノを置くことも可能。重さ約3.9kgと、女性でも楽々と移動することができるのも大きな魅力のひとつだ。

05

庫内のトレイは取り外しが可能で、トレイを2つ取り付ければ3分割、1つなら2分割に仕切ることができる。

 06 07

庫内を3分割すれば、350mlの缶ビールが2列ずつ収められる。一方、2分割なら350ml缶が1段と750mlのワイン瓶または500mlのペットボトルがピッタリと収納できる。このちょうどいいサイズ感がうれしい!

08
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy