ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『森永ミルクキャラメル<メロンキャラメル>』フジモン絵本付きが楽しい国産メロン果汁の高級キャラメル!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

老若男女問わずどんな世代にも愛されている「森永ミルクキャラメル」。1913 年 に森永製菓から発売されて以来、ミルクのやさしい味わいで変わらぬ人気を誇っている。そんな人気の「森永ミルクキャラメル」から、新しいフレーバー『森永ミルクキャラメル<メロンキャラメル>』が発売された。国産のメロン果汁を使った、今までのキャラメルよりちょっぴり高級なキャラメルを食べてみた!

キャラメルとは思えないほどじゅわっとあふれる果汁感!

「森永ミルクキャラメル」のパッケージにある「滋養豊富・風味絶佳(じようほうふ・ふうみぜっか)」という言葉は、森永製菓創業者の、日本の子供たちに栄養価の高いお菓子を提供したいという思いが込められている。キャラメルには糖質が豊富に含まれていて、脳の活動を助けてくれる。試験前や大切な会議の前など、頭を動かしたいときにおすすめのお菓子なのだ。

「森永ミルクキャラメル」の中でも、<ミルクキャラメル>と<あずきキャラメル>はツートップである。

 

黄色いパッケージの<ミルクキャラメル>は不動の大人気商品。ミルク、バター、砂糖をじっくり煮詰めて作った伝統的な味で、安定の美味しさである。あずき色のパッケージの<あずきキャラメル>は、ぜいたくにも北海道十勝産あずきあんが使われている。口に入れた瞬間から広がる風味豊かなあずきの味わいが特徴だ。

さて、『森永ミルクキャラメル<メロンキャラメル>』(12個・希望小売価格 税抜123円・2016年6月7日発売)は6月7日に発売された新商品で、そのパッケージはメロンの爽やかな黄緑色。よく見るとメロンの皮がパッケージにプリントされている。「森永ミルクキャラメル」のレトロ感はそのままに、ポップなフォントで「メロン」と記されている。

試しに一粒口の中に入れて噛みしめてみると、じゅわっと広がるメロンの風味に驚いた。まるで本物のメロンを食べているようなみずみずしい果汁感。

裏の成分表を見ると、それもそのはず、この「森永ミルクキャラメル<メロンキャラメル>」には、濃縮メロン果汁を使用している。国産のメロン果汁だけあって、高級な味わいだ。

<あずきキャラメル>も<メロンキャラメル>も、本物の味わいにこだわる森永製菓に感心してしまった。もともとキャラメルを大好きな記者であったが、「森永ミルクキャラメル」を食べて、キャラメルをさらに好きになってしまった。

今なら「FUJIWARA フジモン描き下ろし絵本」が中箱パッケージに掲載されており、自身の子育てエピソードをもとに描き下ろした物語を読むことができる。

中箱の裏側に印刷されているため、箱を空にしなければ読むのが難しい。

 

ストーリーについてはネタバレになってしまうためここでは触れないことにしよう。「森永ミルクキャラメル」にぴったりの、ほっこりする内容であることは間違いない。

「森永ミルクキャラメル<メロンキャラメル>」は、8 月までの期間限定発売。ロングセラー商品に引けを取らない美味しさにも関わらず、2カ月間のみの発売である。

 

メロンが好きな人はその再現性の高さに驚くに違いないので、ぜひ一度味わってみてはいかがだろうか。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『Bean to Barチョコレート』は高品質サードウェーブチョコの代表格/バレンタイン目前に5種食べ比べ!
『ポップザック』チョコレート王国・明治の新ブランド製品で小腹を満たしてみた!
『タニタ食堂の100kcal デザート はちみつレモンプリン』カロリーは控えめでも美味しさは破格!
ヤマザキナビスコブランド『リッツ』最後の大物となるか? 2種類の新ラインナップを発売

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP