体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『オリレバー』お年寄りでも安心して自動車の乗り降りができる便利ツールを使って検証!

01

誰でも年は取る。お年寄りにとって、最も怖いのは「転倒による骨折」だとも言われている。高齢化社会が進み、お年寄りが活動的になって、車で出かけることも多い現代、その車の乗り降りに危険が潜んでいることもある。『オリレバー』は、安全な車の乗降を可能にするサポートツール。その性能や使い勝手を検証した。

平常時は車の乗り降りをサポートし、緊急時はフロントガラスも割ることが可能

実は、自動車から降りる行動は意外と筋力が必要。特に車高の低い車だと、降りるために腹筋をかなり使ったりする。そして、車の乗降では手を置く場所に迷い、バランスを崩して転倒しかねない。これが高齢者だと、骨折など大きな事故につながりかねないから注意が必要となる。

 

有限会社ドリームチーム(神奈川県横浜市)のスマートライフ研究所は、そんな車の乗降時のバランスを確保するためのサポートツール『オリレバー』(長さ225×幅100×厚み35mm/350g・希望小売価格 税抜3,480円・発売中)を発売した。自動車内に常備でき、ドアストライカー(ドアを受ける金具)に挿すだけで、簡易的な手すりとして機能する。主に足腰が弱くなっている高齢者に向けた安全で快適な車の乗り降りをサポートするグッズで、多くの車種に適合するフリーサイズ設計となっている。

02

年をとるとバランス感覚が低下し、思わぬことで転倒してしまうこともある。さらに筋力の低下によって、転倒するリスクは4倍以上にも跳ね上がると言われている。もちろん、身体を鍛えて筋力が落ちる速度を遅くする努力は必要だろうが、人間である以上は老化には抗うことができないのは事実。であれば、日常生活の行動などを見直して、転倒に対するリスクを少しでも減らしておくといった事が必要になる。

0304

この『オリレバー』は、基本的に2つのパートに分かれている。商品先端部にはアルミ合金製の差込部があり、これを車のドアを受ける部分にあるドアストライカーと呼ばれる金具に挿し込んで使う。そして、持ち手の上部には「シートベルトカッター」があり、これで緊急時にはシートベルトを切って車外へ脱出するといった用途がある。なお、差込部は緊急時にはフロントガラスなどを割ることが可能で、かなり頑丈にできている。

 

では、さっそく『オリレバー』を使ってみよう。

05

車から降りるため、ドアストライカーに差込部を挿入。形状が研究されており、キチッとはまればグラグラ動くことはない。安心して体重をかけることができた。

06
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。