ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ライヴ・レポート】大島はるな、榊原ゆいら招きメジャー・デビュー記念イベント「ちょっと泣いてしまいました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲーム・ソングやアニメ・ソングなどで活躍中のシンガー、大島はるなが6月22日、メジャー・デビュー・シングル『ハイスペックDays』を発売。同日に、これまでに数々のアイドルやアーティストがイベントを行ってきた池袋サンシャインシティ噴水広場で同作の発売記念イベントを開催した。

ライヴではTVアニメ「ワガママハイスペック」の主題歌となった表題曲など、シングル2種に収録された全3曲をすべて披露。トークでは憧れの存在という榊原ゆい、さらに大島のプロデューサーを務める斎藤悠弥をゲストに招くなど盛りだくさんの内容となり、充実したデビュー・イベントとなった。

大島が「みなさん、こんばんは! 大島はるなです! 盛り上がっていけますかー!?」と呼びかけライヴはスタート。ステージ前方に駆け出して客席を煽るなど最初からテンション全開のステージで「ハイスペックDays」を披露した。その後、司会がステージに登場すると大島は「はー、緊張した」とひと言。さらに司会と客席からの祝福に「ありがとうございます。(噴水広場は)お客さんとしてよく来ていた場所ですし、登竜門みたいな場所じゃないですか。まさか自分がここに立つとは」と感無量の様子だった。続いて披露した「放課後アメージンッKiss」では、かわいらしい曲に合わせて手ぶりを交えながら歌い、サビ終わりのパートは客席も一緒になって合唱する場面も観られた。

ここで榊原と斎藤を交えてのトーク・コーナーへ。大島が歌手を目指すきっかけになった存在だという榊原は、初対面のときに大島に「告白」されたことを暴露。そのときは目を見て言ってくれなかったということで、この場で改めて告白することに。しかし大島は客席の方に向かって「ゆいにゃん大好きー!」と絶叫し、ここでも対面の告白は叶わなかった。

また、斎藤は大島の魅力について「ビブラートがいいですね。最初にライヴで観て、これはいいなと」と回答。大島は「がむしゃらにライヴだけをやっていて、取り柄はそれしかない。パワフルに元気に歌うことしか。それを観てくれたので、がんばってよかったなって思います」と話した。さらに榊原も「私も歌って踊って活動しているので、パフォーマンスで参考にしてくれているのかなと。うれしいなって思います。煽ったりとか動きのあるライヴが好きなので、アグレッシブなステージが素敵だな」と語った。

そしてトークの最後に榊原は「歌もパフォーマンスも魅力的なのに、もっと成長できる部分もある。このかわいさにここから色気も出てきますからね。また一緒にライヴもできたらいいな」とエールを送り、斎藤は「このままうまく流れに乗っかっていければいいなと。アニソンとゲーソンはこれからもいろいろやっていきたい。うまく両立できればいいなと思っていますね」と展望を語った。

再び大島のライヴが再開。駆け抜けるようなロック・サウンドが魅力の「Miracle heart!」を歌い終えると、大島が「いい話をしたいと思います」と切り出す。「私はアイドル活動をしていた時代があって、ゲームの世界に携わって、ちょっと認めていただけるようになりアニソンをやらせていただいて、メジャー・デビューさせていただいたんですけど。6〜7年くらい歌を歌っていて、お客さんがほとんどいない中でライヴをしていた時期もありました。売れていない時期はたくさんライヴに通ってくれた人もいたし、いろんな人に無理をさせてここまで来られました。それは応援してくれたみなさんのおかけだと思っているので、私たちじゃなくて、みなさんと一緒にこの記念日を大切にできたらいいな」と時折声を詰まらせながらこれまでの活動を振り返った。

コールの練習を挟んで、最後に再び「ハイスペックDays」を披露。疾走感抜群のイントロから客席は大盛り上がりで、大島もステージ上をアグレッシブに動き回りながら熱唱。最後のサビでは後方の噴水が勢いよく飛び出し、花を添えた。そして最後に大島は「たくさんの声と拍手とみんなのパワー、ありがとうございました」と感謝。「これからも全力で私らしくがんばっていくので、ハイスペックな日々を過ごせていけたらなと思います」と意気込み、イベントを締めくくった。

これまでも月15本以上ライヴを行うなど地道に実力を磨いてきた大島は、この日もメジャー・デビューしたばかりとは思えない堂々としたパフォーマンスだった。イベント後の取材では「ワンマン・ライヴが終わったあとみたいな感じがあります。いろいろこみ上げてきて、ちょっと泣いてしまいました」と語っていたが、これまで苦労と経験を積み上げたぶん、ここからさらなる飛躍をみせてくれることだろう。

なおOTOTOYでは『ハイスペックDays』のCD盤2種を、ともに24bit/48kHzのハイレゾで配信中。パッケージでの購入者には特典として大島のボイス・メッセージが付属する。(前田将博)

〈大島はるな「ハイスペックDays」発売記念スペシャルイベント〉
2016年6月22日(水)池袋サンシャインシティ噴水広場
セットリスト
1. ハイスペックDays
2. 放課後アメージンッKiss
3. Miracle heart!
4. ハイスペックDays

■ハイスペックDays(パターンA)(24bit/48kHz)
OTOTOY配信ページ
http://ototoy.jp/_/default/p/63536
【収録曲】
1. ハイスペックDays
2. Miracle heart!
3. ハイスペックDays -Instrumental-
4. Miracle heart! -Instrumental-

■ハイスペックDays(パターンB)(24bit/48kHz)
OTOTOY配信ページ
http://ototoy.jp/_/default/p/63537
【収録曲】
1. ハイスペックDays
2. 放課後アメージンッKiss
3. ハイスペックDays -Instrumental-
4. 放課後アメージンッKiss -Instrumental-

・大島はるな オフィシャルサイト
http://ooshima-haruna.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP