ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ひざの痛み放置で要介護 数年後に寝たきりになる例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴルフ、ジョギング、登山──健康のためによかれと思って運動をすればするほど、知らず知らずのうちに負荷がかかっているのが「ひざ」だ。

 ある日、突然“爆弾”が破裂し、激痛に襲われると、生活のすべてに支障をきたし老後の人生は一気に暗転する。ひざ痛対策は、全ての中高年の必須項目だ。

 定年退職から半年、布団から起き上がろうとしたとき、Aさん(65)のひざは悲鳴をあげた。以前から起きがけにきしむような痛みを多少感じることがあり、そのたびに湿布を貼って対処してきたが、ここまでの激痛を感じるのは初めてだったという。

「今では椅子から立ち上がるだけでひざがこわばって痛くて、歩くのさえ億劫なので家に引きこもりがちです。妻と散歩に出掛けても歩くペースについていくことさえ難しくなってきた。唯一の趣味がゴルフなので、定年後は日本全国のコースを回りたかったんですが……。こんなことなら、もっと早く病院で治療しておけばよかった」

 ひざに“爆弾”を抱える中高年は多い。厚労省の調査(2008年「介護予防の推進に向けた運動器疾患対策について」報告書)によれば、加齢による「変形性膝関節症」、いわゆるひざ痛の患者は予備群含めて約3000万人と推計されている。

 ひざ痛が恐ろしいのは「これぐらいの痛みなら心配ないだろう」と放置して悪化させるケースが多いことだ。

 厚労省の国民生活基礎調査(2010年)では、「介護が必要になる理由」として、脳卒中(全体の21.5%)、認知症(15.3%)、高齢による衰弱(13.7%)に続き関節疾患が4位(10.9%)となっている。軽いひざの痛みを放置した結果、数年後に寝たきりになるという例は少なくないのだ。

 ひざの痛みが老後に暗い影を落とすことも少なくない。妻に先立たれ北海道でひとり暮らしをするBさん(71)は5年前からひざを傷め杖が手放せない。最近は歩くのも億劫になるほどの痛みに悩まされている。

「ほんの数メートル先のごみ箱まで歩く気になれない。すべての家事が後回しになり、宅配弁当やペットボトルのゴミが居間に散乱している。唯一の身寄りの、東京に住む息子家族も寄りつかなくなってしまった」

 お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック院長の銅冶英雄氏が指摘する。

「膝が痛いからと家に閉じこもることでうつ病を発症する人もいます。体全体の機能低下を招き、認知症の原因になる可能性もある」

 しかし、悩んでいる人が多いにもかかわらず、その原因や治療法はあまり知られていない。なぜか「腰」や「肩」に比べると雑誌やテレビで取り上げられる機会も少ない。そのため間違った対処法で症状を悪化させてしまうケースが少なくないのだ。

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
オバ記者53才 AKB『会いたかった』振り付けに挑戦・後編
軽い足首の捻挫でも治りきらずに歩くと骨盤がずれる可能性も
歩行時、膝には体重の約3倍の負荷 膝痛予防には減量が有効

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。