ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2週間連続公務の雅子さま 完全快復に近づいた3つの要因

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 皇太子妃雅子さまに「適応障害」の診断がなされたのは12年前のこと。それ以来一度もなかった、宿泊を伴ったものを含めた2週連続の地方公務が、この6月、実に13年ぶりに実現した。

 雅子さまのご快復ぶりにはさまざまな要因が考えられるが、その1つには周囲の環境の変化があるだろう。昨年7月、雅子さまのお世話係のトップである女官長に元中国大使夫人の西宮幸子氏が就任した。

「2011年1月以降続いていた、女官長不在という変則的な状況が解消されました。元外交官の妻で国際経験も豊かな西宮さんは、語学はもちろん欧米的な発想にも精通していて、日増しに雅子さまとの信頼関係も厚くなっていると聞きます」(東宮職関係者)

 さらにこの5月、東宮職のトップである東宮大夫に、小町恭士氏に代わって小田野展丈氏が就任した。

「2011年から約5年務めた前任の小町氏には、ご夫妻とのコミュニケーション不足が指摘されるシーンが何度もありました。小田野氏はまだ就任間もないですが、皇族方の儀式などを取り仕切る式部官長の経験もあり、実直に職務を全うされています」(皇室記者)

 加えて、愛子さまの健やかなご成長も、ご快復に弾みをつけていることはいうまでもない。

「小学校時代のいじめ問題、中学校に入ってからの不規則登校など、雅子さまのご体調の波は愛子さまの学校生活とシンクロするように上下してきました。それが、ここ最近の愛子さまは大変充実した日々を過ごされており、週に1度はお友達と電車で下校されているそうです」(学習院関係者)

 しかし、こうした外面的な部分は一要素に過ぎない。やはり「完全復帰」の鍵は雅子さまのお心の内にあるのだろう。そんななか、雅子さまのご決意を強く感じられるのが「熊本ご訪問」だ。

「ご夫妻は、7月に熊本地震の被災地訪問を計画されています。先んじて5月19日、両陛下がまだ余震がおさまらない中で被災地を訪れられたのですが、ご夫妻はそのご様子をメディアを通じてご覧になっていました。

 両陛下は日帰りという過酷なスケジュールで熊本ご訪問を果たされましたが、帰京された美智子さまのお顔には、痛ましい現状を目の当たりにされたこともあるでしょうが、お疲れが色濃く浮かんでいらっしゃいました。そのような状態でも人々のために祈りを捧げられる美智子さまのお姿から、きっと雅子さまもお感じになることが多く、美智子さまの祈りの旅に、少しでもお力添えができればとお考えになったのではないでしょうか」(別の東宮職関係者)

 そして美智子さまは、懸命に療養を続ける雅子さまのご様子を、常日頃から気にかけられている。

「面と向かってご病状をお聞きになることはありませんが、雅子さまのご様子を関係者に尋ねられることもあったといいます。これまで雅子さまは、美智子さまからのそういった温かいまなざしを受けながら、まずはご自身の体調を万全に整えることを最優先に行動されてきました。それが、最近の上向きに加え、お疲れの見える美智子さまに“何かをお返ししたい”というご決意が感じられた。今回の2つの公務、そして予定される熊本訪問が、雅子さま完全復帰の呼び水となるような気がするのです」(前出・別の東宮職関係者)

 両陛下が、皇太子さまが、そしてすべての国民が、「その日」を待ちわびている。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
訪英終えた天皇皇后両陛下のハードな日程に体調心配する声も
訪欧ためらう雅子様に美智子様「行ってらっしゃい」と後押し
美智子さま 雅子さまへ「気兼ねなく皇居を訪れて」と伝える

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP