ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤浩市 デビュー作で共演した若山富三郎の厳しい教え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 公開中の映画『64─ロクヨン─』では、ベテランとして若手俳優たちと向かい合っている役者の佐藤浩市のデビューは19歳、NHKのドラマだった。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、役者デビューとメジャー映画デビュー。このふたつの作品で共演した若山富三郎との思い出について語った佐藤の言葉をお届けする。

 * * *
 佐藤浩市は1980年、19歳の時に父・三國連太郎と同じ役者の道に進むことになる。

「子供の頃から根底に出役というのがあったとしても、口にしなかった。できなかった。というのは、近所の方だろうが小学校の同級生の親御さんであろうが、みんな『どうせ役者さんになるんでしょう』って。そう言われることへの反発があったわけです。

 ただ、映画は好きだったので何らかの形で携わりたいという気持ちはありました。それで映画の学校に通って、フィルムの編集の勉強をしました。その夏休みくらいにたまたまNHKで背格好とか歳がそれくらいの役者を探していると言われて、話のタネというか。出役側というのは三國を見て知ってはいますけど、自身としてもどういうものか経験してみたいという想いもありましたし」

 デビュー作は同年のNHKドラマ『続・続 事件 月の景色』。若山富三郎扮する老弁護士と対峙する犯罪者の役を演じた。

「演技はずぶの素人でしたが、現場に入る前に一ヶ月半くらいNHKに通って、毎日必ず誰かがついてくれて稽古をしてくれるわけですよ。当時は演技のいろはを教えてくれる余裕があったんです。新人を使う場合は、現場も責任持って一人前にしたいと。得るものを持ってから大海にリリースしたいという。

 若山さんは父のことを知っているわけで、『なんとか連ちゃんの名に恥ずかしくないようにしたい』という想いが強かったようで、厳しかったです。
 
 ほとんどが接見室での面談シーンなのですが、そこでする芝居に対して『お前、分かっているのか。気持ちはできているのか』と言われて。僕は正直に『できていません』としか言いようがないんです。そうすると現場をストップさせて『便所に入ってこい!』って言われて。トイレの個室に入っていると何度もADさんがノックしてくる。『佐藤君、気持ち、できた?』って。

 中座した現場を何とかしないといけないというのは素人なりにも分かったので、『できません』と言えなくなって、必死に若山さんの前で芝居をさせていただきました。そういう毎日でしたから、どんどん下を向くしかなくてカメラマンには怒られるし、セリフも細くなるから声も録れない。

 このまま役者を続けるのは、どうしようかとは思いました。ただ、上手くいかないまま学校に戻るということが自分の中で整合性とれなくて」

 1981年の『青春の門』でメジャー映画デビューをしている。

「台本を読むと、相手がまた若山さんなんですよ。それでまた現場で怒鳴られて。僕が悪いんです。自分が出る前の場面の若山さんの芝居を見ていなかったんです。それを若山さんは知っているわけですね。で、出番になってノコノコ行ったら、『お前、俺の芝居を見てたか』って。『見てません』と言ったら、『バカ野郎!』と怒鳴り散らされて。

 自分が出る前のカットを見るということも知らない僕に、若山さんは『呼んで来い』と言わずに、あえて現場で怒ることで教えたかったんだと思います」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬神家の一族」』(ともに新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
磯山さやか31歳のメモリアル 普段は見せない姿を撮り下ろし
著名歌人の短歌を取り上げ解説しながら人生を語るエッセイ集
三國連太郎 冬場でも本番になると鼻水がピタッと止まった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP