ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サウナ並みの発汗! 「333入浴法」でダイエットと冷え改善

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性にとっての入浴はリラクゼーションとともに美しさに磨きをかける大切なもの。目的によって入浴法もさまざまですが、今回はダイエットと冷えの改善に効果的な「333入浴法」をご紹介します。

冷房で芯から冷えちゃう!

これからの季節、外気温と室内の気温差に悩む女性が多いですよね。外は汗ばむほどの気温なのに室内は冷房が効き過ぎて芯から冷えてしまう……。この冷えが生理痛や胃腸の不調、膀胱炎、体のだるさなどに影響してきます。代謝が悪くなり、食欲はそんなにないのに太ってしまう原因にも。冷えを改善し、ダイエット効果まである入浴法があるのなら、やらない手はありませんよね!

1時間のウォーキングと同等の効果

この333入浴法では、一回で約300キロカロリーのエネルギーを消費することができます。歩いて300キロカロリーを消費するには1万歩は歩かないと消費できません。時間にして約1時間のウォーキングと同様の効果が毎日の入浴で行えるのは魅力的ですね。ジョギングやウォーキングを始めたいけれど、時間が無い、運動が苦手という方にもおススメです。

333入浴法のやり方

湯船に41~42℃のお湯をはります。胸までゆっくりと入り、次に首まで浸かります。そのまま3分間浸かって、湯船から出たら3分間休憩。その間にシャンプーをしたり、ボディのお手入れをしても構いません。また首まで3分間湯船に浸かり、3分間休憩します。もう一度3分間湯船に浸かって3分間休憩したら終了。合計18分間です。入ってみるとわかりますが、半身浴と違い1分半くらいで少し苦しくなってきます。が、我慢! 首まで浸かることで水圧で体が締め付けられるので、お風呂から上がった時に水圧から解放され、一気に血が巡るのだそう。お風呂上がりの汗の量に驚く人も多いそうですよ。そして時間が経っても体はポカポカのままなのです。

心臓に負担がかかるので、高血圧や心疾患がある人は行わないでくださいね。半身浴と違いリラクゼーション効果は薄く、交感神経が活発になってシャキッとします。そのため寝る前に行うのはおススメしません。もちろん水分補給はしっかりとする必要がありますが、冷たい水分を摂りすぎると体が冷えるので、常温の水分がベストです。

運動する時間がないときにもオススメの入浴法、是非試してみてくださいね!

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP