ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リヴィングストン・テイラー、ハートウォーミングな歌と味わい深いギターが魅力のSSWが来日決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジェイムス・テイラーの弟としても知られるシンガーソングライターのリヴィングストン・テイラーの来日公演が決定した。

 リヴィングストン・テイラー=通称リヴは1950年、テイラー五兄弟の三男としてボストンで生まれる。70年に伝説的プロデューサー/評論家のジョン・ランドウ(ブルース・スプリングスティーンとの仕事が有名)のプロデュースでデビュー。以降、軽やかで着飾らない魅力で多くのフォーク/ポップス・ファンを魅了してきた。

 70年代にジェフ・バクスターのプロデュースの元、発表したアルバム『マンズ・ベスト・フレンド』や『三面鏡』は今なおポップス名盤として名高い。両作は7月に「AOR CITY 1000」キャンペーンで再発される。ハートウォーミングな歌と味わい深いギターで心に響く名曲の数々を届ける“リヴ”のステージに注目が集まる。

 公演は9月3日と5日にビルボードライブ東京にて、それぞれ2ステージ行われる。

◎公演情報
ビルボードライブ東京
2016年9月3日(土)
1stステージ開場17:00 開演18:00
2ndステージ開場20:00 開演21:00

2016年9月5日(月)
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

レッド・ツェッペリン、「天国への階段」盗作疑惑裁判で勝利
ブロンド・レッドヘッド、90年代よりNYアート・ロックを担い続ける重鎮が8月来日決定
カルチャー・クラブ 待望の日本公演スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP