ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポール愛を語るハマ 二階堂にとっては“紫のスウェット”?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの日曜23時からの番組「Levi’s ROCK WITH YOU」(ナビゲーター:ハマ・オカモト、二階堂ふみ)。6月26日のオンエアのテーマは「ROCK with “PAUL”(ポール・マッカートニー)」。

今年、ポールはソロでのキャリア45周年を迎え、集大成となるベストアルバム「ピュア・マッカートニー 〜オール・タイム・ベスト」を発売します。そこで、大のポール好きであるハマと、母親の影響でThe Beatlesは聞くという二階堂が「ROCK with “PAUL”」をテーマにお届けしました。

まず、2人のポール・マッカートニーの思い出やお気に入りを紹介。ハマにとってのポール・マッカートニーは「Day Tripper」。この曲はハマがベースを手に入れ、はじめて合奏した曲なのだとか。その当時はオカモトコウキがギター、オカモトショウがドラム、ボーカルはいなかったそう。

「今、考えればなんですけども。ものすごく難しいんですよね、これ。はじめて弾くにしては!」。ベースだけの練習は退屈だったそうですが、いざ合奏してみると「あ!こういう役割なんだ!」とベースの役割を知り「はじめてベースの面白さを知った、忘れられない一曲」とハマ。

続いて、二階堂にとってのポールは“紫のスウェット”。ポールと“紫のスウェット”にどんな繋がりがあるのか、気なるところです。

「ポール・マッカートニーの写真がドーンって入っていて…多分80年代くらいのポールなんですけど、ポール・マッカートニーって書かれた紫のスウェットを、私は持っているって話です。それだけです!ごめんなさい」と申し訳なさそうに、お気に入りのスウェットを紹介した二階堂でした(笑)。

そんな二階堂ですが、母親の影響で幼少期からThe Beatlesの曲を聞いて育ってきたそう。一番好きな曲は「Yellow Submarine」。…ということでYellow Submarineと書かれたTシャツも持っているそうです(笑)。

番組では、ユニーバーサルミュージックのシニアプロデューサーで、ポール担当ディレクターの斉藤さんにお話をうかがいました。

ポールのレコードセールスは、アルバムで1億枚以上、シングルでも1億枚以上というデータがあるそうです。これはThe Beatlesでのレコードセールスは含まれておらず、なんと45年のキャリアで生み出された作品のみの売り上げなのだとか。

なお、最も売れたアルバムは「Band on the Run」。ソロ名義のアルバムで、全世界では600万枚以上のセールスを記録しています。ポールはソロアーティストとしても、優れているそうです。ツアーに関しては、1990年3月にリオデジャネイロにて一晩で13万人以上の観客を集めて、一晩の有料コンサートの観客動員数の最高記録(1990年当時)を更新したことも。現在は、ヨーロッパツアーを行っている真っ只中で、今でも精力的にコンサートを続けているそうです。

また、最近イギリスのラジオ局で公開収録をしたというポール。100人ほどのファンを集めて、彼のキャリアを話すという番組だったそうですが、そのファンに紛れてポール・ウェラーやノエル・ギャラガーなど豪華な後輩アーティストが観覧に参加しました。

ポール・ウェラーは「いまだに、精力的にツアーをやっているが、もっと新しい曲をやりたくならないか? The Beatlesの曲をやり続けることにフラストレーションは感じないのか?」と質問。それに対しポールは「もちろん、新しい曲をやりたいという気持ちもあるが、ファンのみんなが大金を払って、僕のコンサートを楽しみに来てくれるからには、お客さんを楽しませなきゃいけない。だから、心を込めて僕はThe Beatlesの曲を歌い続けている」と答えたのだとか。

ノエル・ギャラガーは、ポールの娘に頼まれて「2人の娘のどちらが好きか?」と質問、ポールはジョーク交じりに「どちらも嫌い」と答えたそうです(笑)。そんなポールの人柄があふれるエピソードに感動した様子のハマと二階堂。

「音楽においても演奏においても、発明家であり、アイデアマンでもあるポールですけど。こういう頭が冴えるというか、チャーミングかつ賢い感じが、かっこいいですね」(ハマ)

「やっぱり、作り続けられる方は、愛される方なんだなというふうに、公開収録のエピソードなどを聞くと、そう思いました」(二階堂)

しみじみとポール・マッカートニーの偉大さに感極まった2人のオンエアでした!

【関連サイト】
「Levi’s ROCK WITH YOU」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/rockwithyou/

ポール・マッカートニー作の世界一美しい曲といえば?(2016年06月23日)

http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1810.html

ハマ・オカモト「ポールに人生を変えられた」(2016年06月09日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1732.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP