体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

息子の絵を母がパンに!母子共作の「イラストぱん」が愛情あふれすぎて眩しい

息子の絵を母がパンに!母子共作の「イラストぱん」が愛情あふれすぎて眩しい

切っても切っても同じ柄が出現するとっても可愛い「イラストぱん」が話題になっています。

【関連:パンの耳でつくる「ぐるぐるフレンチトースト」 簡単豪華でカフェタイムが華やぎそう】

お花の絵が

お花の絵が
母の手によりお花パンに

母の手によりお花パンに
ハチの絵が

ハチの絵が
切っても切ってもハチが出てくるパンに

切っても切ってもハチが出てくるパンに

このあまりに可愛い「イラストぱん」を製作したのはパン教室「konelこーねる」(東京都)を主催しているRANさん。息子さんが描いた絵などを金太郎飴のようなパンにして焼き上げています。絵柄に使用している色素は天然のもので、お子さんが食べても安心な体に優しいパンだそうですよ。

中でもRANさんのオススメは薔薇、柄シリーズの迷彩柄、ひょう柄、ゼブラ柄、フルーツのレモンだそうです。どれも他にはない可愛さとどうやってつくっているのか分からない不思議に、手に取った人たちは目を輝かせて「何コレ~~!?」「可愛い~~!」と驚きとトキメキに包まれちゃうそうです!
もちろん柄が可愛いだけでなく味もとっても美味しいそうで、ますます気になってしまいますよね。

RANさんおすすめの薔薇
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会