ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原でデカ盛りチャレンジするなら“星人”が最高峰らしい @『パンチョ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さりげなく秋葉原、それとなくガジェット通信と言うことでサクサク進む“秋葉原制覇”で御座います。一度に4~5食(全て完食)と言うハードスケジュールをこなす筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「デカ盛りメニューは効率が悪い!!」

普通であれば4件5件と回れるところを、デカ盛りを挟んだ時点で終了のお知らせになるのは否めません。

というわけで、筆者のギャラは”キロカロリー辺り5円換算”でお願(略

秋葉原でチャレンジメニューに挑むなら『パンチョ』である!

『スパゲッティーのパンチョ』(以下、パンチョ)はデカ盛りの店として有名でして、特にフラッグシップと言うか最凶ランクの“星人”と呼ばれるデカ盛りは、難攻不落のメニューとして恐れられています。

ちなみに『パンチョ』の盛りレベルは以下になっております。

小盛……300グラム
中盛……400グラム
大盛……600グラム(ココまで同一料金!)
兄貴……900グラム(1050円)

~ 超えられない壁 ~

番長……1200グラム(1350円)

~ 食のプロ専用! ~

星人……1500グラム(1650円)

ココで恐ろしいのは、それぞれ“麺の量”だけの表記なので実際にはもっとボリュームがあり、最上位に位置する“星人”“総重量2300グラム”ほどあるそうです。

2300グラムほどあるそうです。2300グラムほど(略

『ナポリタン』を所望する!

というわけで、“秋葉原制覇”の偉業を成し遂げる為に、避けては通れない『パンチョ』ですが、やはり『パンチョ』と言えばナポリタンかと存じますので、ココはひとまずオーソドックスにナポリタンにします。

そして!

気になるボリュームですが、まあ兄貴くらいは余裕ですし、タイマンなら番長もイケるのですが、すでにオムライスとカツカレーを食べて来たばかりなので、どのくらいで勝負するか悩んでしまいます。

しかし!

この日はキャンペーンで“ナポリタン&ミートソースは大盛り500円”的な何かを開催していたので、これに便乗しない手はありません。

さすがに500円となると行列がパネェ感じですが、記事を進行する上での予算配分は大事ですので、ここは大嫌いな行列に接続する勇気が必要かと存じます。

あと早い段階で断っておきますが、基本パスタ系の記事は“グラフィック”の変化が乏しくなるのは仕様なので、御了承下さい。

『ナポリタン』(大盛り)を食す!

ちょいちょい並んで時間を消費したものの、店内に案内されてからはマッハで料理が出て来ました。

厨房を見ると5人くらいが調理していますね。このイベントの為に増員する『パンチョ』のヤル気を垣間見た筆者です。

と、言う訳で件の『ナポリタン』(大盛り)ですが、まあ先日の『アンジェリーフレスカ』で食べた大盛りと同じくらいのボリュームでしょうか?

ま、想定内のボリュームではありますが、ちょっと重いメニューを2食やっつけた後なので、このコッテリ感満載のメニューを完食するには、精神力が必要かと存じます。

意外と具が多い件

『パンチョ』は大盛りまで同一価格なので「もしかしたら具が少ないんじゃないのか?」みたいな疑問もあるので、あえて言おう!

「安心して下さい。ちゃんと入ってますよ!」

具の方もそれなりに増量されている模様で、意外とバランス良く食べ進む事が出来ます。

しかし筆者が普段食べる洋食店のスマートなナポリタンと違い、この『ナポリタン』はコッテコテのギトギトな味付けなので、カツカレー後と言う事もあり胸焼け必須な予感は否めません。

本日のタクティクス

基本、アホみたいにガツガツと食べているようでは、まだまだ甘いですね。

いかに効率良く最後まで美味しく食べられるかという“戦術”を練って挑むのが、デカ盛りを制する大事な要素で御座います。

というわけで、非常に味がブッ濃くてボリュームもある『パンチョ』のナポリタンは、何も考えなしに挑むと普段の実力を発揮出来ずに撃沈すること間違いなしです。

まず、『LINE』を登録すると“厚切りベーコン”がサービスされるイベントも平行して開催されていたのですが、そこは軽くスルーします。

「これ以上、胸焼け要素を加える必要は無し!」

ストイックにベーシックな『ナポリタン』を頂く事にします。

さらにナポリタンには必須の“粉チーズ”もなし、ノーチーズで最後まで食べ進みます。

恐らく、大半の人が一番最初に粉チーズをドバーっとかけてしまう予感ですが、それでは永遠に“番長”や“星人”をクリア出来ないでしょう。

ただでさえ殺人レベルで味が濃いのに、開幕から味変アイテムを使うと中盤、及び後半戦で苦戦するのは目に見えています。

さらに“タバスコ”も最終兵器として温存しておきましょう。

粉チーズも駆使したものの、これ以上食べれないと思ったらタバスコをガンガンにかけて激辛にして、精神的にも味覚的にもわけが分からない状態で猛スパートをかけて追い込む作戦です。

例によってスパゲティーが減らない件の是非

これまた予想の範囲内ですが、食べても食べても減らない感は色々な意味でツライですね。

味の変化も乏しいので、ここら辺から動けなくなる人が続出します。

そして!

「味に飽きるからトッピングも追加しようかな?」

などという浅知恵に頼る輩は、そのトッピングが重しとなり沼に沈んでしまうタイミングでもあります。

このようなシチュエーションにおいて必要なのは“精神力”で御座います。

筆者レベルになると苦しいを通り越した段階で“無の境地”に到達し、何か別なモノが覚醒してポテンシャルを引き上げる事が出来ます。

いわゆる“デザートは別腹”と言う科学的にも証明された技を、デザートなくして発動させる上位の魔法です。

この魔法をマスターするには日々の鍛錬と(略

ご馳走様でした!

紙ナプキンが尋常ではない件

この『パンチョ』の紙ナプキンは秋葉原で一番のストック量で御座いますが、それも当然ではないでしょうか?

とにかくケチャップ感がパネェ×2なので紙ナプキンは必須です。

ちなみに“紙エプロン”も店員さんに進められるので、その日の服装によっては防弾チョッキ代わりに紙エプロンを使うのも正解かと存じます。

『スパゲティーのパンチョ』 総評

というわけで、魔法使いである筆者に死角なし! 割とあっさり大盛りは完食で御座います。

ま、やってる事は先日の『アンジェリーフレスカ』と同じなので、最初から完食して当たり前のメニューではありましたが、やはりブッ濃い味付けとオイリーさで苦しめられた感はあります。

自分のポテンシャル的には“番長”は完食イケるので、今回は勝って当たり前の勝負でしたが、このボリュームで味的には飽きてしまった感がモリモリと出て来たので、やはり“星人”は無理そうな予感です。

まあデカ盛りは挑戦するだけではカスでして、あくまでも完食率を高めてこそのスポーツなので、無謀な挑戦して食べ切れませんでしたテヘペロとかは死罪で良いと思います。

そんな感じでブッ濃い味付けに苦戦しつつも、確かに『パンチョ』の『ナポリタン』的な個性を感じ、それなりに共感した筆者で御座います。

特にスパゲッティーは結構な太さで、なかなかナポリタンが分かってらっしゃると言っておきましょう。

しかし!

どう考えてもメニュー全般に味がブッ濃いので、サービスで付属する“味噌汁”の是非に関しては筆者もネガティブにならざらるを得ないですね。

むしろサービスなら味噌汁を撤廃して、普通の水を“麦茶”とか“ウーロン茶”にして頂けると、より美味しくスパゲッティーを食べられる予感です。

それでは、是非みなさんも『パンチョ』でそれなりに美味しいスパゲッティーを楽しんで下さい。

大盛りまでならコスパも優れているし、接客もグッドなので秋葉原的にもオススメですよ。

『スパゲッティーのパンチョ』秋葉原店

住所:東京都千代田区外神田3-13-5 松井ビルB1F

営業時間 11:00~22:00
定休日:無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP