ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョン・ボイエガ、キャスリン・ビグローが手掛けるデトロイト暴動を描く映画に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
John Boyega Kathryn Bigelow

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演した俳優ジョン・ボイエガが、キャスリン・ビグローとマーク・ボールが手掛ける映画に出演することになった。タイトル未定の同作は、ビグローとボールが手掛けた映画『ゼロ・ダーク・サーティ』に続き、1967年に起こったデトロイト暴動を描く作品となる。

ミーガン・エリソン率いる米映画製作会社であるアンナプルナ・ピクチャーズが資金調達を行い、ピグローとボールが、エリソン、マシュー・バドマン、コリン・ウィルソンと共にプロデュースを手掛ける。グレック・シャピロが、エグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

同作は、5日間に渡る忘れられない1967年の夏の日のデトロイトの破壊的な暴動を背景にした犯罪ドラマとなることが知られているが、詳細は依然として明かされていない。担当する映画製作会社もまだ決定していないが、プロデューサーたちは、暴動から50年という節目の2017年の公開を目指している。

同作でボイエガが演じる役については、明かされていない。

英国人俳優のボイエガは、次回作の製作を終えたばかりの『スター・ウォーズ』シリーズで忙しくしているが、最近、映画『Pacific Rim: Maelstrom(原題)』への出演も決定し、エマ・ワトソンとトム・ハンクスの相手役として、映画『The Circle(原題)』にも出演する。

ボイエガは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、イギリスのアイデンティティー・エージェンシー・グループを代理人としている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。