体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見つかった遺言書の開封。相続人全員と弁護士がいたら開封できる?

見つかった遺言書の開封。相続人全員と弁護士がいたら開封できる?

Q.

 Xさんが亡くなりました。遺品の整理をしていたところ、封がされたXさんの遺言書が見つかりました。

 Xさんの相続人全員と弁護士がいる場合、この遺言書はただちに開封できるでしょうか?(公正証書遺言ではありません)

(1)できる
(2)できない

A.

正解(2)できない

 民法1004条において、見つかった遺言書の取り扱い方法が定められています。
 そこでは、公正証書遺言を除く遺言については、見つかった後にこれを家庭裁判所に提出の上、検認を請求しなければならないとされています。

 そのため、たとえ相続人のすべてがそろっていて、弁護士の立会いがあったとしてもその場で開封はできません。
 家庭裁判所において、相続人(またはその代理人)の立会いのもと開封することになります。

元記事

見つかった遺言書の開封。相続人全員と弁護士がいたら開封できる?

関連情報

遺言執行者が亡き父の銀行取引履歴を見せてくれない!(法律クイズ)
離婚調停の手引き~基礎知識から準備、対策まで(コンテンツ)
相手方からの直接の連絡を止めさせることはできますか?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy