体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どれか一つでも正しい選択をしていれば。はじめての高齢妊娠、順調に思えたけれど…

f:id:akasuguedi:20160621230301p:plain

第一子がお腹にやってきたのは36歳の時でした。

当時は10年以上付き合ってきた人と結婚したばかりで、生理不順だったこともあり、

『子供はできたらいいね』

程度でした。

また、私が転職したばかりだったので『とにかく職場には迷惑をかけないように頑張る』が目標でした。

さいわい悪阻もほとんどなく、体長も良く、病院からも『全く問題ないですよ。赤ちゃん元気ですよ。』と検診のたびに言われる妊婦でした。

ちなみに、病院選びも『職場に迷惑をかけないように』が目標だったので、土日も検診が受けられる個人のクリニックに通っていました。

今思えば高齢出産なんだから設備の整った大きな病院にするべきだったなぁ、と後悔しています。

検診では全く問題ないと言われていましたが、手足の浮腫みが気になっていました。

それを検診の時に相談しても『脚を押してへこんだりしていないから、浮腫んでいないですよ』と言われるだけ。

全く知識のなかった私は『そんなものかな?』と思う程度でした。

でも。産休に入って少し経った36週、突然血圧が上がり始めました。

とは言っても、元々が低血圧だったので120-90程度で、病院でもそこまで重要視されませんでした。

でも通常の血圧は90-60を下回るくらいなので、私にとってはとても高い血圧でした。

血圧があがったことで病院では責められ(少なくとも私には責められているように感じました)、

「とにかく減塩!巨大児になって難産になったり、最悪胎盤が剥がれて出血多量で死んじゃったりするんだから!」

と脅され(これも私には脅されているように感じました)、今までは楽しみだった検診が苦痛なものになりました。

どんなに努力しても血圧が下がることはなく、個人病院の先生も『大きな病院に転院するか、このままここで産むか』ということを検討し始めました。

巨大児を心配していましたが、どちらかというと発育遅延な方で、2,500グラムないのであれば念のためNICUがある病院の方が安心だから、ということでした。 関連記事:血管が切れてもおかしくないほど重度の妊娠高血圧症に。里帰り2日目にして緊急入院!

先生からお話がありました

『妊娠高血圧症を治すためには赤ちゃんを取り出さないといけない。帝王切開という方法もあるけど…あなただって下から普通に産みたいでしょ?』

そう言われると私も帝王切開は嫌な気がして『はい』と答えてしまいました。

この時帝王切開をお願いしていれば…今でも悔やまれます。

病院の方針は『早く産ませること』になり、それまでは血圧が上がるから安静にしているように言われていましたが、そこからは『早く産まれるように動いて動いて!』と言われ、週に3回ほど子宮口を柔らかくする注射を打ちに通いました。

39週に近づいたある日。その日は赤ちゃんの肌着などを入れるタンスを買いに行っていました。

立っているのがしんどいな、と思いお店のベンチに腰をかけたのを覚えています。

でも、しんどいのは最近はいつものことだし…そこまで気にしていませんでした。

そして、その日の深夜。生理痛の軽いような痛みで目が覚めました。

痛みはひどくなかったものの、直感で『何かおかしい』と思い病院に電話。

その時は胎動が激しかったのを覚えています。すぐに主人の運転する車で病院に向かうことになりました。

電話した時にはしっかり立っていられる状態だったのに、病院に着く頃には一人で立てない状態でした。

病院ではすでに対処できない状態で、おそらく常位胎盤早期剥離であろう、と輸血だけをされました。

そこから搬送先探し。近隣の病院では受け入れてもらえず、少し遠くの大学病院に搬送されることになりました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。