ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨のストレス解消に!今流行のカラオケアプリがすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おうちでカラオケ気分を味わえちゃうカラオケアプリなるものがあるのご存知でしょうか? 筆者は、ボイストレーナーという職業柄よく耳にするのですが、皆さん「面白い面白い」と言うので先日ダウンロードしてみました。

そしたら本当に面白かったので(笑)ぜひご紹介したいと思いました。じめじめした梅雨時期のストレス解消方法になるかも!?

■あわせて読みたい
何もしたくない日のおすすめの過ごしかた5選
http://tabizine.jp/2016/03/13/60141/

まずご紹介したいのは「nana」

今回カラオケアプリをご紹介しようと思ったきっかけは、nanaというアプリ。こちらのアプリ、自分の歌をかんたんに録音できてさらにはSNSに投稿できちゃうんですよね。ちなみに筆者がnanaを知ったのも生徒さん達が自分の歌を頻繁にSNSにアップしていたことがきっかけ。歌うのは良いけれど、録音したものをSNS上にアップするのには抵抗があるという方は鍵付きで投稿をすることもできます。録音してあとでこっそり自分の歌声に酔いしれることも可能ですよ。

nanaの魅力はコラボできること

nanaの魅力の一つとして、伴奏や歌でコラボできるという点があります。コラボと言うのはどういう機能なのかと言うと、好きな曲の楽器を演奏してアップすると、それを誰かが使ってくれると言うもの。歌う側からしてみると、一つの曲でもいろいろなアレンジで歌えるということですよね。自分で楽器が演奏できない生徒さん達はこの機能に魅力を感じているのだとか。

アップテンポなあの曲を美しいピアノ伴奏でバラードチックに歌い上げてみたりもできますし、バンド演奏でカラオケを録音している人もいるそうで、バンドバージョンで踊りながら歌うなんてこともできるわけです。また、自分が歌った後に自分の歌ともコラボできるので、ハモリを入れてより一層ゴージャスにすることも可能。すごいですね〜(笑)。ワンランク上のカラオケという印象です。

[nana]

JOYSOUNDのアプリで採点機能を楽しむ

カラオケのJOYSOUNDもカラオケアプリが。カラオケ画面そのままの画面を携帯電話で見ることができますよ。歌詞も大きく見やすく、また、音程のラインも出てきますので音程が外れていたらその場で分かります。

雰囲気よく歌えたところは「GOOD!」と表示されますので、歌いながらテンションもあがります(笑)。しかも、カラオケマイクのようにお好みでエコーもかけられちゃいますし、音程が合わなければキーもかえられます。もう本当にカラオケそのまんまなので感動です!

[JOYSOUND]

歌がうまくなりたい人はカラオケアプリでトレーニング!?

生徒さん達がカラオケアプリを利用している理由としては「歌の上達」が一番とのことですが、どんな風に練習しているのか聞いていました。

・コラボ機能でハモりの練習(nana)
「自分が主線のメロディにコラボでハモりを入れてみて、 どういうハモりが合うか、音はあっているか、などの練習ができます」

・音程や表現力の練習(JOYSOUND)
「音程のラインが画面に表示されるので、いつも歌う曲での自分の弱点が分かります。採点機能もあるので自分の歌がどのくらいのレベルなのかがわかるのもいいところ。また、録音したものを何度も聞いて、表現力を磨きます」

カラオケでうまく歌いたい! と思っている人は多いですからね。ぜひご自宅でトレーニングを!

「大声で熱唱したいけれど、人の目を気にするとできない!」と思っているかたにはおススメのカラオケアプリ。家にいながらカラオケと同じ気持ちが味わえます。

実際試してみましたが、携帯電話にイヤホンを差し込んで歌うだけ。エコーをかけたりできるので、歌いながらどんどん曲の世界に張り込んじゃいます(笑)。カラオケに行く時間はないけれど、熱唱したい! という忙しいみなさまにもおススメ。ただし、エコーで気持ちよく歌っていると、ここが家だと言うことを忘れてしまいがちなのでその辺はご注意を(笑)。

■あわせて読みたい
何もしたくない日のおすすめの過ごしかた5選
http://tabizine.jp/2016/03/13/60141/

[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP