ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨時の猫ケア 食事は出したままにせず毎日ブラッシングを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 猫のトイレのにおい。梅雨時になると、より一層気になるが、猫にはどんなケアをしたらいいのだろうか? 国際猫学会ISFM所属、著書に『ネコぺディア-猫のギモンを解決』(秀明出版会)などがある山本宗伸さんが回答する。

【相談】
 5才になる猫を室内で飼っていますが、梅雨に入るたび、トイレのにおいが家中に漂ってしまい、悩んでいます。この時期は猫の体調も悪いようで、持病のアレルギー性皮膚炎も悪化し、いつもよりかゆがっています。梅雨時は特別なケアが必要でしょうか?

愛知県・よっしー(34才・パート)

【回答】
 ジメジメとした梅雨は、人間だけでなく、ペットにとっても不快なものです。特に猫は高温多湿が苦手で、体調を崩してしまう子が多いのは事実。いつも以上に注意して見守ってあげましょう。

 まずトイレのにおい問題ですが、梅雨時期は窓を閉め切ることも多く、部屋ににおいがこもりがちです。くさいトイレを放置しておくと、猫が不快に感じ、おしっこをがまんしてしまうことがあります。おしっこをがまんすると、膀胱に負担がかかり、膀胱炎や尿路結石を招く原因となります。窓を開けて空気を入れ替えたり、いつも以上にこまめにトイレの砂を交換したりして、清潔を心がけましょう。

 また、朝出したウェットフードの出しっぱなしは危険! 人間の食べ物と同様に、この時期はふだんよりも細菌が繁殖しやすく、食あたりの原因にもなります。食事は出しっぱなしにせず、食べ終わった頃を見計らって、片づけましょう。飲み水もこまめに交換してあげて。

 皮膚病による動物病院の来院頻度は、春から夏にかけて急激に増えます。猫は犬に比べて皮脂が少なく、自分で毛づくろいをするので、細菌が繁殖しにくいといわれていますが、この時期は気温・温度の上昇に伴い、皮膚や被毛が蒸れやすく、汚れがたまるため、皮膚のトラブルが多くなります。また、細菌も繁殖しやすい環境なので、ダニやノミ、カビ(真菌)による皮膚や耳の病気などがしばしば発生しますから、注意が必要です。

 さらに、湿気の多い梅雨時期は「アレルギー性皮膚炎」を悪化させることがあります。アレルギー性皮膚炎は、重症化すると治るのに時間がかかります。よっしーさん宅の愛猫のように、アレルギーを持っている猫ちゃんがかゆがっているそぶりを見せたら、早めに病院へ。早期ケアで治療もスムーズになります。

 アレルギーを持っていない猫の場合も、異常にかゆがっていないか、皮膚で赤い部位はないか、脱毛はないかなどこまめにチェックを! 梅雨時は特に、毎日ブラッシングをしてあげたり、清掃を徹底するなど、快適に過ごせるよう心がけましょう。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
遺伝するアレルギー体質 しかし親と子で違う症状の場合も
花粉症対策に埼玉のうどん、秋田のそば、北海道のジュース
「アレルギーマーチ」 成長に伴いアレルギー自体も変化する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP