ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツの不動産王がマイアミの50億円豪邸で連日パーティ三昧

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 資本主義社会が生み出した大いなる負の側面が「富の偏在」だ。イギリスのNGOは「世界で最も裕福な62人が所有する資産が、世界の貧しい人々36億人の合計資産に匹敵する」というリポートをまとめて話題となったが、大金持ちたちはお金をどのように使っているのか。

 推定資産1000億円とも言われるドイツ人の不動産王トーマス・クラマー氏は、豪邸が建ち並ぶ米・フロリダ州マイアミに総額50億円の邸宅を構えている。大好きなパーティ向けにカスタマイズされたキッチンのほか、毒ガスが撒かれても安全な指紋認証の避難シェルターなど驚きの設備も。そこで連日、贅の限りを尽くしたパーティを行っているという。

 まさに“パーティピープル”のグラマー氏はパブロ・ピカソの名画『アームチェアに座る女性』を購入したことでも有名だ。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
【日韓比較・政治編】ODA実績、国連分担金、腐敗認識指数ほか
アマゾン、マイクロソフトのCEOの年俸は約1億円
タイガー・ウッズの慰謝料・640億円の21倍払った男

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP