ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ただの猫カフェ?ノンノン。気に入った子は引き取れちゃいます

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs & Whiskers」は、ちょっと違うんです。

気に入った子を引き取れる!

もともとワシントンDCにあったお店で、ロスにオープンするのは2店舗め。詳細はまだ未定なので、今あるお店の様子を見ていきましょう。



みんなデレデレですね。にゃんこもリラックスしていて幸せそう。

地元動物愛護団体が保護した猫たちを預かり、お店で「接客」してもらうことで人とのマッチングができてしまうシステム。猫たちはのんびり過ごせて、気が向いたら人の相手をすればよく、ヒトは癒される&相性がいい子がいたら生涯のパートナーとして迎えられるという、いいことづくめな場所なのです。

2015年のオープンから、100匹以上が新しい家を見つけたのだとか。

ロスも「ほっこり」な
場となる模様

Elite Daily」によると、新店では常時約20匹のにゃんこがまったり過ごす予定。利用料金は1時間で15ドル(約1,500円)。詳しいことはまだ未定なのですが、DCの様子を見るに、キャットラバーたちにはたまらない場になりそう。

動物愛護先進国と言われ、虐待などを取り締まる「動物警察(ASPCA)」があるアメリカですが、シェルターに保護されれば一生そこで暮らせるというわけではありません。

ASPCAによれば、アメリカ全土で年間760万のコンパニオンアニマルがシェルターに保護されていて、犬は390万匹、猫は340万匹という内訳。そこから安楽死させられている動物の数は、毎年270万。そのうち犬は120万匹、猫は130万匹という数字を発表しています。

里親を募集するペットショップは日本にもありますが、気軽にコミュニケーションがとれる、猫カフェタイプの場所が海外にも増えてきているんですね。

Licensed material used with permission by Crumbs & Whiskers
Reference:Elite Daily,ASPCA

関連記事リンク(外部サイト)

都市伝説レベル?アメリカ各州の「冗談としか思えない法律」(45選)
意外と知らない18の睡眠雑学「人は6年間も夢を見る」!?
弾丸「アメリカ車旅」。本土48州を、たった9日間で巡る方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。