体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

下記のインスタグラム動画を再生すると、5秒少々で何が起きているのかがわかる。その正体を知れば、きっと驚くはずだ。

Seiji Kawasakiさん(@sawsnht)が投稿した動画 – 2016 6月 18 4:27午前 PDT

まず、ポテチを手に取る

日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

これといって不思議なところはなにもないように見える。が、

クルッと回すと、

日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

裏面が…。

日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

そう。これ、実は彫刻でつくられた木彫りのポテトチップスだったのだ!

木彫りのポテトチップス、できたよ!彫りに2時間半、塗りに1時間半かかったよ pic.twitter.com/SOCiNsdSCU

— 幸せな人 Seiji Kawasaki (@sawsnht) June 18, 2016

色付けも絶妙。動画で手を触れた時の音にしろ、本物と混ぜて置かれるとまったく見分けがつかない見事な出来栄え。

つくったのは、彫刻家の川崎誠二氏。作品はこれだけではない。SNSで幾つも発表しているが、どれも一見しただけでは…。ぜひその目で確かめてみて欲しい。

また木彫りの煮干し、作ってみました pic.twitter.com/1lHohZxkht

— 幸せな人 Seiji Kawasaki (@sawsnht) June 9, 2016

日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

真実を知っていいてもなお、裏返すまで信じられないクオリティ。
日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

このクロワッサンは、金沢のパン屋に実際に置かれているものだそうだ。本物と一緒に並べると…。
日本人がつくった〇〇〇の「ポテトチップス」に、世界が驚いた

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。