ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「心の声に耳を傾けて」。カナダ人教師が贈る5つのアドバイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。

自分の声とはいえ、いろいろな感情が飛んだり跳ねたりするのが人間。それでも一つひとつの声にちゃんと耳を傾けよう、というのが彼女の意見。とてもカンタンに説明されています。以下、一部転載するのでチェックしてみて。

01.
心の声は自分そのもの

自分にとって物事が善いか悪いかは、当たり前だけど自分にしかわかりません。何かが引っかかったり、心の中でかすかな声が聞こえたら、何よりもしなければならないことは「耳を傾けること」にあるでしょう。

02.
自信こそがすべて

愛されたいのなら、
愛される価値にならなければいけない。

ジャコモ・カサノヴァ

彼は、16世紀のイタリアに生きていた有名な女たらし。とてもハンサムで賢く、1,000人の女性とベッドをともにしたなんて話も。2005年には映画でヒース・レジャーによって演じられ話題となりました。

心から、助けて欲しいとか、逃げ出したいという声が聞こえたときは、自信がなくなっているときです。感情に従いましょう。違和感を感じたら、その判断に自信を持ちましょう。間違えても構わないのです。

鍵は、自信を持つこと。カサノヴァはそう言いました。

03.
世界は
期待に答えてくれないもの

世界に答えを求めるのはやめて、自分に問い正すことが大切です。

04.
助けてくれる時もあれば
そうでない時もある

友だちにアドバイスを求めたことはありますか?どうやって?どんなアドバイスが帰ってきましたか?

求めていた答えが返ってくる場合もあれば、そうでない時もあるでしょう。だって、彼らの視点からのアドバイスなのだから当たり前です。

05.
自分の人生なのだから

人生において、すべての行動の許可を出しているのは自分自身です。心の声は、良心やモラルなどから、感覚的に自分の行くべき道を指し示す力の源。

心を落ち着かせて声を聞くためには訓練が必要かもしれませんが、決して難しいことではないでしょう。だから、どんなに小さな声でも、耳を傾けてみて。本音こそが人生であることに気づくはずですから。

Licensed material used with permission by YouQueen Magazine

関連記事リンク(外部サイト)

恋も仕事も順調な女性になるための「5つの秘訣」
10代で母となり、23歳で癌と宣告されたブロガー。彼女がたどり着いた「生きていくうえで本当に大切」な12のこと
4人の子ども、そしてシングルマザー。40歳のブロガーが気づいた「私の人生」って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP