ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディーン・フジオカ 「おディーン様」の呼び名は好き?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、“おディーン様”の呼び方が定着したことに、「丁寧に扱ってもらえて嬉しいですよね。かといって距離感を感じさせないし、近くに感じるんだけどマナーというか、ポライト(礼儀正しい)な感じ。みんな大事にしてくれて、ありがとうございます」と語る姿もパーフェクトなディーン・フジオカ(35才)。
 
 Amazonプライム・ビデオの『はぴまり ~Happy Marriage~』出演を通して、感じた愛のあり方から私生活を語った。ドラマで演じる「契約結婚」についてはどうか。

「そうですね。いろんな形が、良い悪いは別として、そのダイバーシティ(さまざまな違い)のひとつなのかなって」

 シアトル(米)のカレッジを卒業しただけあって、英単語が次々と飛び出すインタビュー。契約結婚から愛が生まれていくというこの作品で得たものは?

「いろんなものに気づいて、成長していく物語なので、何気ないシーンにも大きな変化を感じ、自分のレセプター(刺激を受ける受け皿)に引っかかるものがすごくあった気がします」

 中華系インドネシア人の妻との間に、双子の兄妹がいる彼。結婚生活についても、「結婚する前は、結婚しなくていいやとずっと思っていたんですけど、今は結婚してよかったな…と。この関係性の上に、自分の将来をつくっていこうと思える感覚が貴重です」と現在はインドネシアで暮らす家族を思ってか、ふと遠い目をしたおディーン様でした。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
寺尾聰と共演したディーン・フジオカ「何回も鳥肌が立った」
ディーン藤岡のフォーが108万円売り上げ熊本に寄附
ディーン・フジオカ 事務所の先輩・福山を超えたランキング

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP