ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

模様替えは方位に合う色遣いが吉 恋愛や人間関係運はピンク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 衣替えは衣類だけでなく、インテリアも夏に向けて変えると風水的に開運となるという。風水専門家の直居由美里さんが、方位に合わせた色づかいについて説明する。

 * * *
 6月は衣替えのシーズン。もともとは平安時代に中国から伝わった宮中行事で、「更衣」と呼ばれる女官が貴族の着替えの手伝いをしたことに由来します。江戸時代には年4回、明治時代には再び年2回となり、官公庁や学校の制服を替えるようになりました。

 冷暖房が普及して、衣服によって寒暖の差をしのぐことが少なくなりました。また、省エネ対策として、5月から夏服にするところもあるようです。

 時代の流れに応じて衣替えも様変わりしてきましたが、クリーニングに出したり、陰干しをしたりと、汚れを取って衣類を整理するのは風水的にも大きな意味のあることです。

 衣類だけでなく、住まいも夏に向けて涼しげなインテリアにするのも開運につながります。たとえば、厚手のカーテンから夏らしいものへ。カーテンにはほこりがたまりやすく、汚れたままだと、外から入ってくる気が乱れて運気が低迷します。カーテンを替えるついでにクリーニングするようにすると、家全体がすっきりし、家族の運気も上がっていきます。

 その際、運気アップにつながる色や模様を取り入れるとさらに効果的です。まず、恋愛運や人間関係運を上げたいのなら、ピンクを取り入れましょう。ショッキングピンクのようなきつめのピンクではなく淡い色調を。気持ちがやさしくなり、円満な関係を築けるようになります。

 カーテンやテーブルクロスを花柄にするのも、なごやかな人間関係や恋愛を引き寄せる効果があります。実りや豊かさのシンボルであるフルーツ柄もいいでしょう。

 夫婦関係を司るのは北の方位。日当たりの悪い北は押し入れや収納スペースとなっている間取りが多いのですが、外から見えないのをいいことに、中がぐちゃぐちゃになっていると、夫婦関係に大きなダメージを与えます。

 夫とぎくしゃくしているのなら、まず北側のエリアの整理を。子宝を望む夫婦も北側を整えることが大切です。そして、絵や写真を飾るスペースがあるなら、水や海をモチーフにしたものを。器によって形を変える水は、なごやかな人間関係の象徴です。

 風水でよくいわれる「金運アップは西に黄色」。西は金運を司り「金」の気を持ちます。ここに「土」の気の黄色を置くことで「金」を強めることができます。夏は西にひまわりを飾ったり、ひまわり模様のアイテムを飾りましょう。

 そして、オレンジ色や赤も金運アップのカラーです。西の方位にオレンジ色や赤のタペストリーをかけるのもいいでしょう。オレンジ色には、疲れた体を温め、血行をよくする効果がありますから、夏バテ対策にもなります。

 西は金運を呼び込む方位で、貯金を司るのは北東です。北東は相続や不動産にも影響を及ぼします。北東にも黄色を置くことで財運、相続運、不動産運が上がります。北東は風水では鬼門として恐れられている方位です。北東の気が乱れていると、お金も貯まりませんし、相続トラブルなどが起こりやすくなります。

 もし、北東に玄関やトイレ、キッチンがあるなら、邪気が発生しないようにこまめに掃除して、タオルやスリッパは清潔感のある白がおすすめです。

 株式や投資信託、外貨預金などの投資をしているのなら、南側のエリアを整えましょう。南と相性のよい緑のアイテムを置くと投資運がアップします。観葉植物や花を飾るのもいいのですが、日差しが強すぎて弱ってしまわないよう、気をつけてください。

※女性セブン2016年7月7日号

【関連記事】
ダコタ・ローズ ステージ上で早着替えを披露して会場を魅了 
風水では鬼門、裏鬼門が運気を左右 家康の江戸守護にも影響
梅雨入りで風向き変化 放射性物質が首都圏方面へ飛ぶ予測も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP