ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脱マンネリ!オンリーワンのネイルデザインを作る秘訣って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネイルデザインがマンネリ化しないために

ネイルアーティストになるとサロンサンプルや雑誌用など、いろいろな場面でチップの制作を求めれる場面が、増えてくると思います。
デザインってそれぞれ個性があって、その人らしさが出ますよね。
ですが、ずっと作っているとだんだん自分のアートがパターン化し、マンネリ化してきて「何か変えたい!」という気持ちになったことはないでしょうか。

 

自分が作るデザインにもうひと味加えるとしたら…

例えば、パーツの乗せ方を今までとちょっと変えてみる、という方法があります。
同じデザインでもストーンやパーツの置き方を変えるだけで、すごく新鮮になりますよ。
私の場合アクセサリーからヒントをもらっています。ピアスだったりネックレスのモチーフ、ブレスレットのパーツの並びは結構参考になると思います。
なので少し時間が空いた時などは、アクセサリーショップへ寄ってアイデアを膨らませることも。
ほかには、ちょっと差し色を入れてみたりします。差し色を入れるだけでアート全体のバランスが一気に引き締まったり、雰囲気がガラリと変化を与えられるのです。
パッと見てインパクトがあるデザインは、大体差し色にしっかりとした濃いカラーをチョイスしているネイリストの方が、多いのではないでしょうか。
差し色はカラージェルで色を使うだけでなく、濃いめの色のパーツやストーンを全体の引き締め効果に使ってもいいと思います。

 

いつもと違う原点から自分らしくアレンジ

自分のテイストと少し違う、ネイルアーティストのデザインを参考にしてみるのもいと思います。
自分が考えつかない発想でデザインを作っていることが多いので、それを丸々真似するのではなく、そこから自分風にアレンジしてみると、原点がいつもと違うので少し新しいものが生まれたりしますよ。
最後はそれをお客様一人ひとりに合わせた提案ができると、1番いいのではないでしょうか。
お客様に飽きのこないデザインを、どんどん生み出してください。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP