体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【北陸】富山、石川、福井で無線LAN&電源が使える「道の駅」まとめ

全国をキャンピングカーやバイクで回る本格的な旅人でなくても、自家用車やレンタカーでドライブを楽しむ人にとって、道の駅はすごく便利ですよね。

ちょっとした旅の疲れを癒やしたり、食事をしたりするだけでなく、スマホやパソコンで情報を集めたり、バッテリーが切れかけた携帯端末を充電したりと、さまざまな使い方ができます。

【北陸】旅の途中に立ち寄りたい!無線LAN&電源が使える道の駅まとめ

そこで今回は北陸在住の筆者が、富山、石川、福井と北陸3県にある道の駅の中から、無線LANの使える場所を紹介します。

特徴のある道の駅に関しては、携帯電話やスマホ、パソコンを充電できるコンセントの有無にも触れました。ぜひともチェックしてみてください。

■あわせて読みたい
北陸旅行者必見!富山駅や市街地の無料Wi-Fiスポット
http://tabizine.jp/2015/04/27/35647/

富山県は「庄川」「砺波」の2か所

【北陸】旅の途中に立ち寄りたい!無線LAN&電源が使える道の駅まとめ

最初に富山県内の無線LANが使える道の駅を紹介します。県内に道の駅は増え続けていますが、執筆時点で14か所。そのうち無線LANが使える道の駅は、

・庄川
・砺波

になります。どちらも県西部ですね。

なかでも道の駅「砺波」は、全国的にも知られるチューリップフェアの会場に隣接しているため、毎年ゴールデンウィーク前後は700品種300万本のチューリップ畑を楽しみに、多くの人が訪れます。

ちなみに道の駅「砺波」で人気のお土産は、富山県推奨とやまブランド認定品『大門素麺』。食事に関しては地元の野菜を使ったカレー定食が有名です。砺波市美術館も隣接していますので、ぜひとも立ち寄ってみてください。

ただ残念ながら道の駅「砺波」では、自由に使えるコンセントを用意していないとの話です。道の駅「庄川」に関しても同様とのこと。

周辺で携帯端末などを充電したい場合は、道の駅「砺波」のすぐ近くにあるマクドナルド156砺波店に立ち寄ってみてください。自由にコンセントを使えるようになっていますよ。

石川県では9か所の道の駅で無線LANが使える

【北陸】旅の途中に立ち寄りたい!無線LAN&電源が使える道の駅まとめ

富山県は2か所でしたが、お隣の石川県は9か所も無線LANが使える道の駅があります。一覧にすると、

・高松
・桜峠
・輪島
・のと里山空港(能登空港)
・のとじま
・すず塩田村
・こまつ木場潟
・狼煙
・すずなり

といった9か所。特徴的な道の駅はやはり「のと里山空港」ですね。空港全体が道の駅を兼ねている珍しい場所。もちろん、空港だけあって無線LANは使えます。2階のロビーにはプラグを差し込むコンセントも。管理事務所の方に確認してみたところ、自由に使っていいとのお話でした。

世界農業遺産「能登の里山里海」にも選ばれた能登半島の旅行中に電源に困ったら、のと里山空港に立ち寄ればいいのですね。ちょうど半島の中心にありますので、どこからでもアクセスが可能です。

ちなみに道の駅「のと里山空港」で名物のグルメは能登牛丼。グルメつながりで言えば、能登半島にある無線LANの使える道の駅「のとじま」でも、浜焼きや能登牛サイコロステーキなどおいしい食事を楽しめます。

能登島の北側に広がる七尾北湾に面し、のとじま水族館なども近い道の駅。ただ、残念ながら自由に使えるコンセントはないとの話でした。

福井県には重点「道の駅」の「若狭おばま」を始め7か所で無線LANが使える

【北陸】旅の途中に立ち寄りたい!無線LAN&電源が使える道の駅まとめ
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy